僕の好きなアダルト動画

僕の好きなアダルト動画はジャンルでいうとまずは『盗撮モノ』。男女の性行為を客観的に見たいんです。言うなれば、友達の家の押し入れに入って友達カップル、もしくはデリヘル嬢とのプレイをふすまの隙間から覗くそんな感覚。かといって女子更衣室の着替えとか女湯の覗きモノはあまり好きではないです。男女の絡みが見たいんです、強いて言えば男側の気持ち良さそうな反応や表情が見たい。誤解してほしくないのはホモや同性愛モノが好きというわけではありません。男の反応や表情というフィルターを通して『この女のテクはどんだけスゴいんだ!?』と妄想を膨らませたいんです。『この女のはそんなに名器なのか?!』と想像を掻き立てたいんです。そういう僕は『女性向けアダルト動画』にも興味があります。あまり観たことはありませんが、主に男側がフィーチャーされる女性向けAVをこれからいろいろと漁りたいです。そして『素人モノ』も好きです。女優より断然素人が好きです。盗撮の要素も入った素人ナンパ・企画モノのマジックミラー号シリーズなんてもう最高ですね。DVDを買う時も単体女優モノを買うよりも企画単体いわゆるキカタン、それどころか長時間オムニバス作品みたいなものを買う時もあります。そうすればハズレを引くリスクが軽減されますし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるです。そうして手に入れたDVDの鑑賞の仕方は、チャプターを飛ばして巻き戻して最短距離でフィニッシュシーンへ。インタビューとか、やけにストーリーに凝った作品のAV女優と男優のぎこちない三文芝居や、パンツをTバックみたいにしてお尻に食い込ませるやつとかいりません。でも他作品紹介動画はいいですね。ポップなBGMが流れながら見どころがダイジェストでまとめられてて、サンプル動画や昔なら深夜のお色気番組のほんの数秒のAV紹介コーナーで頑張ってヌいてましたし。つまり僕は盗撮好き・素人好き・手っ取り早くヌければいいということで、近々何か衝動的に犯罪を犯さないことを祈るばかりです。
ハメ撮り 素人

淑女の告白、キャンプで夜更けも更け2人だけに

思い切って告白します、
自分は結婚式2カテゴリー目の28年齢の奥さんだ。
恋人を心からかわいがりていますし、
恋人も自分を大事にしてくれる。
でもある太陽恋人のディーラーの個々と
肉体関係を持ってしまい愛するパパを裏切ってしまいました。
前月、恋人の会社で肉親連れのキャンプが
企画され当方夫婦も参加することになりました。
ゲストは当方を含め10個人でした。
昼間はバーベキューで夜は集会として
みんなでお酒を呑みながら面白く過ごしていましたのですが、
恋人はお酒が軽く先に寝てしまい、またやがて頭数が減り、
最後は恋人という同期のHちゃんと両人になってしまいました。
Hちゃんの言明はとてもおもしろくて夢中で聞いていました。
しばらくして私もちょっと眠たくなり、ペンションへ帰ろうとすると
ふらふらしてHちゃんに抱きかかえられ、
たちまち唇を奪われました。
まだまだ酔っていた所為もあってもっぱら
Hちゃんの激しいディープキスを受け入れてしまい、
頭がボーッとなっていました。
そうして自分は白紙茂みへという連れて行かれ引き続き
押し倒しもっとキスをしながら、胸を愛撫してきました。
自分はいけないと思いながらも異議できない通り、
Hちゃんに僕を任せていました。
Hちゃんの拳固は下半身へって伸び、
太股を弄りながらスカートの中へというプラス
パンティの中を丹念に愛撫されると
照れくさいほどあそこが濡れてきて
大きくあえいでいました。
私も意欲に任せて淫らに腰をくねらせながら、
Hちゃんのはしたない指をアソコの奥ふかくまで
受け入れ瞬く間にアクメに達してしまいました。

妻の開示、淫乱人妻はどなたとでもいつでもセックスの夢中

あたいはエリといいます。
 淫乱な人妻だ。
 あたいは好みのタイプであれば、基本的に層や血縁コネクションなどは別に問わずにセックスをします。一際童貞の可愛らしい美男が大好きだ。
 あたいは絶世の可憐は効くませんがバストはFカップ、役者にスカウトされた物事や、兄のそば陣から交際を何度も申し込まれたので姿はそれなりにいいですので、魅力すればすぐに売り物にできました。
10年代での初恋といった初キスの彼氏は8年代だった年少の内の幼馴染だった父親。
16年代で処女を捧げた彼氏は11年代の実弟。(ハイスクールの間は実弟だけがセックスの彼氏でした)18年代の時は大学に入って家事教師を通していた12年代の大学生。
(ついでにその大学生に似ていた36年代の夫と65年代のおじいさんともしました)
こういう大学生は幼子を妊娠する前まで、随時会ってセックスを通してあり、大学生の馴染みを複数個紹介してもらいました。
20年代の時には私の大学の用意に来て、偶発再会した18年代の父親も迷わず食らい付いて、モノにして、婚礼の誓約を取り付けました。
22年代の修了旅立ちでは旅先で出合った14年代の男子。(その夫ともしました)
ホテルで出会った2人の12年代の男子、混浴ヘルスケアであった14年代って12年代の姉妹を食いました。
24年代で結婚してからは家事教師を通していた大学生の弟といったその馴染みという、兄の娘で11年代の甥を筆おろししてあげました。
 この頃のあたいは共稼ぎをしている兄夫婦に代わりに甥の力添えを通してあり、それをいいことに甥の童貞チンチンを私のマンコで食べたのです。
甥は昔の弟にごっそりで、美男の上、男根の宿命が私のマンコと何ともいいのです。ですから力添えに行くたびに、その男根でマンコを人一倍犯してもらい、精液を膣内にビュービュー注ぎ込んでもらっていました。
ついでに甥の馴染み3人物をお年の賛美にセックスを通してあげ、キスから童貞まで全額いただきました。
穢れを知らない白一色な少年のいよいよを全額奪うのはもう極めつけ。
そうしたら甥って甥の友達の少年3人物って、あたいというあたいがいない時に甥の面倒を見てくれている近所の妻といったお友達2人物って計8人物で乱交をしました。
人妻って少年のセックスという状況で力一杯、燃えました。少年3人物は途中で力尽きましたが、甥は私達4人物を自ら独走し、イカせられました。
甥にいつもイカせまくられている妻は、まだしも友達の2人物はこんなの何とかという甥のセフレになりました。
  また、そしたら甥の馴染みを3人物ほど、タイプではないが巨根の少年の童貞を私のマンコで修了させてあげました。
少年以外では父親の夫や父親って継母と義叔母という義従弟と弟で大乱交も経験したな。
トップすごかったのは嫁のエントリーで大数による人妻という少年のセックスがしたいと言うので少年7人物、人妻13人物によるだったな。
お口といったオマンコに7人物分の精液を流し込んでもらった。
人妻は13人物もいたにもかかわらず、甥と巨根くんだけで全滅階段、卒倒した先々も攻められて大満足。
ただし、口は生臭く陥るはオマンコは痛くなるわで、しばしセックスできなかった。 
直後、13人物全員が巨根くんのセフレになってしまった。
 そうしたらしばらくして、父親から幼子を探るから、セフレを減らせといったいわれたので、ほとんどのセフレといったおみやげ発明のセックスを通して離れた。
 あー、あの内は楽しかった。

寝取らせ、彼の知人という協力して彼の3Pを堪能した

あなたは浩二27年で、付き合って1年に罹る恋人がいる。
称号は直緒、あなたという同い年だ。身長は160幾らかあっ
て頭やお尻が大きくて可愛い方針を通していました。
あなたは自分の恋人が他の男性に抱かれるのを想像する
と興奮してしまう寝取られびいきの性癖を持っています。
付き合って少し経って恋人にそのことを報じると、不思議
がっていましたが違和感は有する感じではありませんで
した。
ある日、直緒の友達のるり子というコとストリートで巡り合いまし
た。自分に言い出したいことがあるから当夜電話してと言われ
わけも分からずその夜に電話を掛けました。
「ねぇ」
「あ、浩二、こんばんは」
一体何の演説だろうと思っているとるり子氏はすぐさま本題
の話をしてきました。
「直緒から聞いたんだけど、浩二は直緒が他のメンズってエッチ
そうなると興奮するんでしょ?」
突然言われて驚きました。
直緒はるり子氏にそのことを話したらしく、それを聞いてるり子氏は自分に話そうとしていたことがあったとの事でした。
「わたしで良ければ協力してあげよっか?」
「え?いかなる場合?」
「直緒の場合狙ってるメンズわたし1個々知ってるから浩二のドリーム叶えて言えるというよ」
るり子氏は、そのメンズが直緒といったヤリたがってるからヤレるか
もしれない事を言って誘えばお金取っても誘引にのって生じる
と言いました。
あなたはお金はどうしてでも良かったのですが、るり子氏はそれを意義にコンビプレイを持ちかけてきたみたいでした。
「その人ね、直緒とも何度か飲ん現れるから面識居残るのね」
「そう?」
「飲み決めるって言えば直緒も何も警戒しないでアリすると想う。
3個々で呑むのは変だからメンズこれから1個々呼んで4個々で飲み込むことになると思うけど」演説を聞きながら滅多にない局面かと思い、いまや乗り気で話を聞いていました。
「はからずも直緒の3P見れちゃうかも」
「マジ・・・?」
空論で興奮してしまっていました。
直緒ってるり子氏は中◯時代からの仲の良い身近だ。その身近を利用してお金を取ろうと考えてる時点で望ましい身近とは言えませんが、身近を色んな意味で危険なメンズといったそういう事をさせるわけはないとしてプロジェクトをやり遂げることを決断しました。
「呼ぼうといった思ってる個々カップルとも29年だよ。弊社によって2コ上で結構お金持ってる。抱腹絶倒個々とかじゃないから安心して」称号は大輝といった祐二と言うとの項目でした。
期日や周辺どうして自分がその光景を見るかなどはその後連絡を取り合って司ることにしました。
何日か帰路るり子氏からコミュニケーションがあって、ライバルのメンズといった直緒から飲みアリの答えが来た場合、周辺は直緒の広場で鍋宴会をすることになったとコミュニケーションがありました。
直緒には無論、ライバルのメンズらにも自分達のプロジェクトは伏せて、あなたはTV電話でムードを見せてもらうことにしました。
プロジェクト挑戦お天道様の2お天道様ほど前に直緒から鍋宴会の演説を聞きました。
「土曜日ね、るり子とるり子の身近という鍋することになったの」
「そう、何処でやるの?」
「私の広場でやるー」
「そっかそっか、楽しんでね」
「はい、ありがと〜」
直緒は楽しそうな所見で話していました。直緒はお酒は好きですが、くれぐれも著しくはありませんでした。酔わせてしまえばもしかすると誤りが起きて得るとして期待していました。
そうして何とかプロジェクト即日、20歳月を過ぎた時から鍋パ
ーティーが始まりました。あなたはもしかすると直接見れ
るかもしれない可能性を考えて、直緒の広場の近くに
車を止めて待機していました。チェックポイントでタブレットの
バッテリーが尽きるという最後なので、TV通話は将来す
ることにしていました。
過言かもしれませんが、夢にまで見た全景を見れ
るかもしれないという目論見という盛り上がりでありえないぐらい心中
臓がドキンドキンいっていました・・・
21歳月くらいに直緒からメルアドがありました。
「浩二商い終わった?今日もお疲れ様、今度はカップル
で鍋決めるね」
優しい言葉にちょい負い目を持ちました。終わったよという
返信するとすぐに気をつけて帰ってねという返信が来ました。
22歳月くらいにるり子氏からメルアドが来ました。
「直緒いい感じに酔ってきたよ。現下ね、大輝って仲良さそ
うに話し出してるよー」
「どうなの?いけそう?」
「おそらく安全じゃない?メンズはいよいよヤル意思満々だし、直
緒くっつかれても拒否してないし。
それに私も正しく協力するから」
るり子氏は祐二というメンズといった直緒の前方で絡んで、お
酒というその場の雰囲気で直緒のことをその気にさせると
言っていました。
それから約1スパン、暗闇な車内で現下か現下かと通話
を控えるといった、23歳月を過ぎた時遂にTV通話の
着信が来ました。あなたは食い入るようにディスプレーを見て
いました。
通話は食膳の上に置かれて、直緒という大輝という
メンズのカタチがハッキリ映っていました。
内部は蛍光光線ではなく、直緒のお気に入りのオ
射程の明かりがついていて宜しい趨勢の明るさ姿で
した。
ディスプレーも正しく見えていて丸々やる気が
のぼりました。
依然何かが始まってる様子ではありませんでしたが、か
なり酔っている感じは伝わってきました。
「直緒氏、チューしよ〜」
「禁物〜」
「だってこれからあのカップルしてるよ?自身ところもしないと」
「断ち切るとって何〜」
直緒の面構えがちょっぴりって見えて、少し赤らんです面構えで楽し
それほどとしている様子が分かりました。
メンズは直緒の隣に
くっついて今にもキスしようとしていました。
「禁物だってば、お酒もっといいの?」
「お酒はもっといいよ、それより決めるよ〜」
「ん〜、るり子助けてよ〜」
映ってはいませんが、るり子氏らはキスやそちら以
上のことを始めていたと思います。
直後にるり子ちゃんと思える喘ぎ所見が聞こえてきて、
ディスプレーのカップルの視線がそっちにいって直緒は固まって見ていました。
直緒は必ず興奮していたんだと思います・・・
一瞬帰路、メンズが直緒の面構えを自分の手法に向けてキスを
しようとすると、直緒は抵抗することはせずメンズのキス
を盛り込みました。ゆっくり小気味よいキスを繰り返した帰路
メンズがみっともない移転で舌を絡めるって直緒も舌を出し
て答えました。
酔っ払って、その場の状況に流されて直緒は手出し
を始めました・・・それでもあなたはそういうだらしない恋人の
カタチに心から興奮していました。
大輝は直緒のビッグな胸を揉みながら、グングン被服
を脱がせていきました。ブラジャーを外し、頭が露わに
なるとメンズは乳首に吸い有りました。
「あ、んん」直緒の落ち着きな喘ぎ所見が抜かりました。
自分の大事な恋人のバストが、酔っ払いのエロ
メンズにいいように吸われて何とも言えない盛り上がりを通して
いました。
カップルが座っていた場所のたちまち奥にあるベットマット
(高さ20cmほど)に直緒は押し倒されました。メンズは
早く素っ裸になって、直緒の胸に再度しゃぶりつ
きました。
後間もなく、ディスプレーの末端に祐二のものをフェラチオインナー
のるり子氏が思えました。るり子氏はまだまだ後
着はついていて、祐二は素っ裸でした。
大輝は乳首を吸いながら直緒のブリーフの中にコツ
を入れました。
「やっ、禁忌」
そうすると大輝が嬉しそうに直緒に言いました。
「直緒氏何それ?二度とグチョグチョになってんじゃ
ん」「後ろめたいよ」
「更に脱ぎたいでしょ?脱がして譲るから尻高め
てよ」「ホント後ろめたいよ、、」
直緒はそんなことを言いながらものほほん腰を浮か
せました・・・さらに奥深い長所を与えて買う結果、自
分のものではない肉棒を食らう結果、エロメンズにインナー
を脱がせてもらっていました・・・
ディスプレーからるり子ちゃんと祐二が見えなくなりました。
そうするとその直後に直緒が喘ぎ所見混じりに言いまし
た。
「るり子〜?ちょい、どこいくの〜?」
「るり子氏、幾らか通話だってさ、直ぐ舞い戻るって」
祐二はそういうという直緒って大輝のいるベットにのぼり参
加し始めました。夢にまで見た直緒の3Pが現実に
繋がるチャンスでした。
後から聞いた話ですが、るり子氏は最初からメンズ
らに途中で居なくなることを授け2人で直緒を犯って
もいいと伝えていたとの事でした。
祐二が直緒の裏側に転じ、脚を抱えて大股開放の
状態にすると大輝が露になったマンコに吸い附属ま
した。
「ああっ、、」
「直緒氏興奮するだろ?こんなことしたことあん
の?」
「弱いよ、、」
大輝の舌が変動にはたらく度にピクッピクッといった健康が返答
して、直緒は羞恥から長所に満ちた形相に変わってい
るみたいでした。祐二がそれを見ながら言いました。
「お〜良い面構えになってきたよ、それにしても直緒氏
すっげぇいい健康してんな〜」
大輝はグチョグチョになったであろう直緒のマンコを指
で掻き回し始めました。直緒は赤らんです面構えを際限に
向けて喘ぎ出しました。
「ああんっ、、ああっ、、」
大輝が指を切り回すという直緒のマンコはグチャグチャ調音を
立てました。大輝という祐二があ〜あ〜と言いながら喜
んでいました。大輝はあなたはしたことないぐらい指を
大きく移すという直緒は健康を仰け反らせました。
「ああっ、、いっちゃうよっ、、」
直緒の多めの所見が響きました。大輝は別途指を激し
く取り回し直緒を責め立てました。
「禁物〜、いっちゃう!」
「いいよ、ほら!忍耐すんなっ」
「ああっ、禁忌!イク!イク!」
直緒は健康をビクンビクンさせてイッてしまいました・・・
「恐ろしいね直緒氏、こんな風にイクんだ?」
「再びいたたまれないよ、、」
いつもの直緒の広場で全然別世界のようなことが起
きている様子でした。祐二がそのままの体位で直緒に
キスをしました。何一つ無名のヤリマンママを賄うかのよ
うにみっともない舌使いで直緒の舌を吸っていました。
直緒という祐二がキスを続けていると、大輝がガクガクに
勃起させたチンポを直緒のマンコに宛がいました。
「ほら、直緒氏大輝入れようというしてるよ」
「なるほど、、ダメだよ、、」
直緒は少し動いて祐二を振りほどこうというしましたが、祐
二は直緒を握り締めなおして言いました。
「いいから大輝早くやっちゃえよ」
「禁忌、、着けてからしよ、、」
「直緒ちゃんこのスタイルでそんなこと言われたっていう項目
聞き取れるわけ薄いでしょー」
大輝はそう言うというためらいなくギラギラのチンポを差込み
ました・・・自分の大好きな恋人の・・・一番大事な先
にチンポを挿入しました・・・
「あぁはぁ〜、、あぁ〜、、」
どれだけ心地よいんだよ?と言いたく陥るような直緒
の所見と面構えでした。大輝はゆっくりとストロークを始め、祐
二は両手で胸を揉み乳首を摘んだりしていました。
「直緒氏たまんないんだろ?すんげーいい所見」
祐二がみっともない語勢で言いました。大輝がいくぶんず
つピストンを早めるという、それに合わせるように直緒の喘
ぎ所見が大きくなっていきいました。
「あんっ、、あんっ、、ああんっ、、」
「あ〜直緒氏気持ちよいわ〜」
「ああっ、、考えいいっ、、心地よいのっ、、」
直緒の白紙なバストが著しく揺れて凄くはしたない
全景でした。祐二が後ろから握り締め、前からは大輝が突
いて、直緒は完全にカップルのおもちゃでした。
祐二が直緒の面構えの隣に転じ、口元に勃起したチンポ
を近付けるといった直緒は何も言わずパクっと咥えました。
必ず優しくて思いやりのある直緒が、夢中で2公式の
チンポを咥えていました。3Pなんて初めてのハズなの
に躊躇いもなく夢中でチンポに溺れていました。
「ジュル、、ああっ、、何それ、やだよ、、酷いのっ、、」
大輝は自分の志望に任せるように直緒のマンコを突き
まくっていました。
「あ〜すっげぇ気持ちいい、あ〜更にイク!現れるぞ!」
「ああん!、、ああん!、、あはぁぁん!」
大輝はマンコからチンポを抜き取り、直緒の頭やおなかに
大量の精子をぶちまけました。
後直ぐやはり祐二も直緒を堪能しました。立て続け
にカップルのメンズに犯される直緒のカタチにちゃんと興奮しました。
カップルとも射精して、メンズらはまた酒を飲んでいました。直
緒はベットの上で布団を被って動いていませんでした。
その間るり子氏はマイカーでTVを見ていたそう
だ。終わったら大輝が呼びに来ることになっていたといった
後から聞きました。
るり子氏が広場に帰り、TV通話のコールもしめに
なりました。あなたは盛り上がり冷めやらずという感じで放心状
態でした。
1歳月を過ぎた時、直緒からメルアドがありました。
「浩二は二度と寝たよね?おやすみなさい、あしたも商い頑張ってね」
「起きてたよ?直緒は何してたのー?」
「既に鍋終わって寝る所ですよー」
心がおかしくなっていたのか直緒のウソメルアドも盛り上がりエッセンス
になっていました。
「そっか、じゃあおやすみなさい」
「はい、おやすみ、穴場」
常にって何も貫く直緒の容易いメルアドでした。あなた
はなんとかクルマを走らせ住居に向かいました。
多少寝付けないでいると、3歳月前方くらいにるり子氏か
ところメルアドがありました。
「ほぼ予想行なえてるというけど、直緒は現下私の隣でやら
れてるよ。四つん這いでやられて凄いすがすがしいんだって」
「マジ!?TV通話つないでよ!」
「もう一度広場暗闇だから見えないよー、直緒ね女房とちっとも
違うんだって、いつもより皆目清々しいんだって」
「とすれば通話だけでも繋いでよ!」
「近すぎて駄目ー、直緒の白紙なおケツプルップル揺れて凄
く気持ち良さみたい、今夜は沢山空論して楽しんでね、じゃ
あね、おやすみ」
こんな経験を積み増しました。後、るり子氏からは
その時の話を聞いて、直緒には勿論何も聞きませんで
した。これからも直緒のそういったカタチを沢山見たいと又もや
思ってしまいました。
今度直接見渡せるお天道様が凄い待ち遠しいです・・・

ぼくの3人の人妻とのセックス遭遇

いよいよ、10ご時世以上前の話です。
その頃身は19年齢でした。
ある日、自家用車を車庫から後ろで出しているって、お向かいのご主人の自家用車って
接触してしまいました。
まず自家用車から降りて謝ったのですが、著しい剣幕で許して貰えず
ミッドナイト、在宅に来いと言われました。
夜になって菓子折りを下げて行くと、ご主人は酔ってあり、有頂天でした。
身の近隣の母親(後家でした)の本田ちゃんと5軒ぐらい先の真崎ちゃんの母親も来てあり、ご主人(山口ちゃん)の母親といった4個人で飲んでいました。
(うちは市営のマンションに住んでいました。)
ご主人は今度は軽々と許してくれて、復元お代も取り除けるとのことでした。
仲直りの意味で一緒に飲もうと言われて、面白く飲ませていただきました。
そのうち、ご主人が風呂に入ると言って長椅子をのぼりました。
身は3人の奥さんに囲まれてオタオタしながら飲んでいたのですが、
急に山口ちゃんが、娘(中1)がいまオナニーを覚えて耐える、というはやりました。
山口ちゃんのパンティで時にはオナニーし、精液が付いていることもあるそうです。
真崎ちゃんと本田ちゃんも酔っているせいか興味深くその相談に聞き入っていました。
ミッドナイトも遅かったので、娘ちゃんは2階層で寝ていたみたいでした。
ふいに身に相談が振られました。
K氏もオナニーしてる?って3個人に聞かれ、酔った所為もあって、事細かにデイリーすると注記し、誰でも始めるんですから娘ちゃんのことは心配ないですよと言ってあげました。
3個人はまぶたをトロンといったさせてふ〜んと言っていました。
ふいに席の下から真崎ちゃんにちんぽを掴まれびくっとなりました。
身のちんぽは全く勃起していました。
K氏、固いね、、おっきいよといった耳元で囁かれました。
本田ちゃんも身を寄せて来て、わー凄いと身のちんぽを触って来ます。
山口ちゃんは、自宅で今ご主人が風呂に入っていることもあり、ちょっぴり恥ずかしそうにしながら黙って見ていました。
山口ちゃんは悠然とした美人で、すごくグラマーだ。
優しくて、人妻ながらも身は3人の取り分け大好きでした。
自家用車の事を不問としてくれたのも、彼女がご主人に言ってくれたからなのです。
K氏、K氏のおちんちん見てみたい、、、宜しい?という真崎ちゃんが言い、身はうなずきながらパンツを下ろしました。
本田ちゃんが、ボトムス越しに触って来て、やさしく上げ下げにこすってくれました。
ね、K氏、先言ってたようにオナニーしてみてよ
真崎ちゃんに言われて、恥ずかしかったけれど、少しして見せました。
ボトムスの上からじゃなくて、ちゃんと見せて。といった本田ちゃんに言われ、真崎ちゃんにボトムスを脱がされました。
わぁーK氏、たってる、、すごぉい3個人は所感を合せて言いました。
身はもう一度ヤケになり、山口ちゃんにかけて大きくなったチンポを対し、娘ちゃんもこうやって始めるんですよ、って済むながらチンポを擦り上げました。
もはや、先走りの液が尾を引いて垂れ下がり、3人の母親はごくりという唾を呑みながら身のオナニーに見入っていました。
ちょい触ってみてと真崎ちゃんにちんぽを握らせ、しごかせました。
真崎ちゃんはリズミカルにツボを切り回し、身の先走り液を親指で亀意識の周りに塗り付けながらなんて、感じて来ちゃったと言っていました。
本田ちゃんとトレードでちんぽを熱くしごいてもらいました。
本田ちゃんは形相を上気させて、身の先走り液が垂れて来るのを舌を延ばして受けとめました。
一人呆然としている山口ちゃんにぬるぬるのちんぽを近づけて、握らせました。
山口ちゃんの鼻先にへばりつくかと想うぐらいちんぽを近づけました。
K氏のおちんちん硬くて大きいよね?山口ちゃんも濡れちゃった?
自尊心ひどく本田ちゃんが聞きました。
真崎ちゃんという本田ちゃんは身の玉手提げをやさしく転がしていました。
初めは抵抗していた山口ちゃんのツボが少しずつ上げ下げに動き始めました。
身のちんぽはすでにぬるぬるで、取り回す度に、著しくみっともないクチュクチュという響がしました。
山口ちゃん、今やイキみたい、もはやだめだよ、、ううっ
山口ちゃんは、動転したのか、反射的に身のちんぽを口中深く咥えました。
身は童貞でしたから、しゃぶってもらったのは初めてで、大きく
気持ち良かったのと、本田ちゃんと真崎ちゃんが玉手提げとかお尻とか体内を触ってくれていたこともあって、意思も狂うような喜びに酔いしれていました。
あ、山口ちゃん咥えちゃった本田ちゃんという真崎ちゃんも負けじと、身の玉手提げに舌を這わせ、もみしだき、ツボって舌で身の体の所々をもてあそびました。
K氏、出していいよ、山口ちゃんのお口に色々出してあげて
本田ちゃんがまぶたを潤ませながら言いました。
山口ちゃんはどうにか自分が何をしているのか分かったらしく、いやらしく身のちんぽを咥えていた口を離そうってしました。
身は山口ちゃんの意識を押さえつけ、本田ちゃんとキスしながら、真崎ちゃんの
乳房を酷く揉んでいました。
身も射精しそうになり、もう一度、もはや、出ちゃう、山口ちゃん、イクよ!
って腰を振りました。
K氏、K氏、あたしにもちょうだい本田ちゃんがすごくはしたない所感で言いました。
さぁ、出しなさい。少なく出さないってご主人がお風呂から出てしまうわよ
真崎ちゃんが急かします。
おや、ううっ、、ひどく気持ちいい、、起きる、ある、ううっ!
身はやっと3人の母親に弄ばれながら山口ちゃんの瑞々しい何とも言えない
フェラチオに酔いしれながら、山口ちゃんの口中深くにちんぽを突き入れ、
おもいっきり射精しました。
うう、ふぐっ、、ふぅー山口ちゃんはむせながらも、身の精液を全部飲み下しました。
その後お口でちゃんと身のちんぽをきれいに掃除してくれました。
「やです、K氏これ程色々出して、、、。」
形相を赤らめながら、山口ちゃんは言いました。
まだまだおまんこをいじりましたが、びしょびしょといった濡れていました。
そこでご主人がバスから上がって来てしまって、真崎ちゃんが慌てて身にボトムスというパンツを履かせてくれました。
なんだか酔いも醒めてしまい、い辛くなったので、帰ることにしました。
真崎ちゃんも一緒に帰ると言い、本田ちゃんはいまだに用件があるからと、山口ちゃん宅に残りました。
帰るといっても身の在宅はたちまち向かいなので、真崎ちゃんを送って行きました。
「K氏、先すごかったね、あたい甚だしくもらいちゃったのよ?」
真崎ちゃんがやんちゃっぽく微笑みながら言いました。
身はまったく興奮していて、たまたま真崎ちゃんをその場に押し倒していました。
「あ、あんっ、、差し止めよK氏こんなトコで、、、」
真崎ちゃんが言うのも構わず、キスしまくりました。
真崎ちゃんも悩ましく舌を出して、応じて貰える。
「きょうね、ダンナいないの、、こども(中1)も、これから寝たから旅館いこっか?」
身に異存があるラクラク自家用車に乗り込み、旅館に行きました。
旅館に向かう最中、早くも真崎ちゃんは身のパンツのチャックを下ろし、フェラしてくれました。
先はめったに感じなかったけど、恐ろしいノウハウだ。
唾液を塗りつけながらずるずるといった響を立てて、吸いこむようにしたり、柔らかく包み込むようにしたり、やはりもの凄く舌テクニックでした。
射精しそうになったのでそれを告げると、
「いまだに、NGよっ。どうにかもっといいことするんだからねっ」
といったやんちゃっぽく微笑みました。
真崎ちゃんはさっと絢爛まぶたのスマートな美人だ。
テニスで鍛えた肢体はすごい眩しかった。
旅館に入って、一緒にバスに入りました。
身は真崎ちゃんの人体をすみずみまで洗ってあげて、体内舐めてあげました。
真崎ちゃんは快楽の所感を上げて僕達は引き続き抱き合っていました。
バスから上がってベッドに倒れ込み、相互貪り合うように愛撫し合いました。
「真崎ちゃんのおまんこ、美味いよ、、、ひどくステキだし、、真崎ちゃん。」「やです、K氏、それでもK氏もステキよ」
ようやく我慢出来なくなり、真崎ちゃんのおまんこに著しくいきり立つちんぽをあてがいました。
だが、童貞だった身はうまく入れられず、真崎ちゃんに身が童貞ですことを気づかれてしまいました。
「え?K氏やっと?先上手だったからてっきり、、、あらあら」
身は真っ赤になっていましたが、真崎ちゃんがウフフ微笑みながら身のちんぽを手厚く握ってくれて、濡れそぼったおまんこに断然あてがってくれました。
身は真崎ちゃんのおまんこういう気持ちを探るようにクリトリスから膣口にわたって手厚くなぞるようにちんぽを押しつけました。
「なるほど、済む、K氏、、そっちめっきり涼しい。。。」
「真崎ちゃん、、、おまんこ軟らかいよ、、これ程濡れてる。。」
じらしにじらしていたら、今度は真崎ちゃんが我慢出来なくなったらしく、
身の腰を両手で掴んで寝るように引きました。
その瞬間、にゅるりと身のちんぽは真崎ちゃんのおまんこに激しく入っていきました。
共に「ああっ」という所感が出て、相互すごいディープキスを交わしていました。
真崎ちゃんがやさしく上手くリードしてくれたおかげで、身は最高の状態で童貞を見限ることが出来ました。
スムーズ位で深くつながり、身は馬鹿に腰をうちつけました。
「K氏、K氏、、凄い、、おやん、、済む、いいの」
「おや、いよいよ、、でみたい、、出して良い?」
「ああぁ、、このまま来て!中に出してぇ」
「中に生み出したら乳児適うよ?」
「いいから、大丈夫だから、、K氏のちょうだい、、こども出来てもいいからぁ」
「おや、これから、ダメだ、、真崎さぁん」
「NGよ、優子って正しく呼んで!おや、はぁ、、んっ」
「ええ、優子の中に出して宜しい?。。愛くるしいよ、、優子っ!」
「いって、出して、おねがい、、中に、、あたいもいっちゃうぅ」
真崎ちゃんが自分で腰を使い始めました。二度と満載だ。
「優子。。。優子っ!」真崎ちゃんをきつく抱きしめました。
身は一入著しく激しく突くと丸ごと静止し、どくっどくっ!という真崎ちゃんのおまんこに大量の精液を送り込みました。
金玉がものすごく縮むのが自分でも分かるくらいのめざましい射精でした。
ある程度繋がったとおりいて、ちんぽを抜いておまんこを見ました。
「やです、見ないで、、K氏、照れくさい」
「差し止め、見せて」
真崎ちゃんはすごく腰を回していましたが、腰を止めた刹那、おまんこからプチュッという響がしたかと思うと、ドロッと大量の精液がおまんこから逆流してきました。
真崎ちゃんは、はにかみながら、こう言いました。
「とっくに、先山口ちゃんのお口に思い切り多彩出してたのに、初々しいの
ね、、、。」
それからも騎乗辺り、後ろ、座辺りなどで係わり、夜明けまで真崎ちゃんを犯し続けました。
ちっとも消息筋取り出しで、口にも多彩出し、飲ませてあげました。
H動画を見ながら、おんなじ広告を言わせたりして、何度も抱きました。
射精するときは、優子ぉっ!といった話しかけ、力一杯抱きしめてあげました。
その日、口に2回、おまんこに4回、熱いザーメンを優子につぎ込みました。
午前にお天道様が黄色く見えて、労働も休みました。
あれから1週ほどしてから、本田ちゃんと山口ちゃんが2人で身の在宅に遊戯に来ました。
上がってもらって余談してたのですが、やっぱ言われました。
「真崎ちゃんから聞いたわよ、K氏真崎ちゃんだけにしてずるい」BY本田ちゃん
「真崎ちゃん、腰が抜けちゃったって言ってたわよ?著しいね、K氏」BY山口ちゃん
山口ちゃんは恥ずかしそうに言いますが、本田ちゃんは感じは愛くるしいタイプできまじめそうな感覚とは裏腹にあっけらかんと恐ろしいことを言います。
「そんなこと言ったって、山口ちゃんの家では出来ないでしょ?」と身が言うと「ふむふむ、その山口ちゃんにたんまり白いの出したのだ〜れ?」という本田ちゃんが言いました。
そうしたら根掘り葉堀り真崎ちゃんとどういう風にしたかとか聞かれました。
ひとまず正直に答えて、お茶を入れに行きました。
身のちんぽは、この前あれだけ真崎ちゃんに可愛がってもらったのに、また勃起していました。
お茶を入れて戻ると、山口ちゃんが本田ちゃんになにやら話していました。
聞いてみると、娘ちゃんがスケベ本を隠し持っているとのこと。
そうして、今朝また山口ちゃんのパンティでS君(娘ちゃん)がオナニーしたらしく多量の精液が付着していた時。
どうしたらいいのかと頭を悩ませているみたいです。
スケベ本包み隠すのまでまるっきり普通ですよ、身も持ってるしと言うと見せてくれと言われて何冊か見せました。
2個人は凄まじい恐ろしいと言いながらスケベ本を見ていたので、からかって決めるかと思って動画を見せました。
もちろん奥動画のすごい者だ。
自ずと、本田ちゃんが身の隣りに来ていて、身の股間を弄んでいました。
身は思う存分勃起していて、わたるがままになっていました。
本田ちゃんの小振りな乳房を揉みながらキスしました。
本田ちゃんは身のツボを自分の股間へ誘導しました。
山口ちゃんはじっくり見ている。
グラマーな美人に見られているかと思うとたまらなくなり、激しく本田ちゃんのおまんこを愛撫しました。
「う、、ふぅん。。はん。。凄い、K氏、まず素晴らしい」
本田ちゃんは喘ぎながら身のちんぽを引っぱり出し、しごき始めました。
山口ちゃんの形相がしだいに赤らんで行きます。
身は本田ちゃんを裸にし、いやらしく山口ちゃんに見えるように本田ちゃんの人体に舌を這わせました。
本田ちゃんはスケベなメスの所感を上げて、身の頭を抱えておまんこに押しつけました。
身は本田ちゃんのおまんこを大きく舐めたり、やさしく舐めたり、強度を置きながらおまんこに指を入れ、本田ちゃんの蜜壺をかきまわしました。
形相を上げて山口ちゃんを見ると、乳房をいじりながら、おまんこをいじっていました。
身といった本田ちゃんはシックスナインでお互いのペニスを舐めしゃぶっている。
「なるほど、K氏、そっち察する、益々舐めて、、噛んで、、効く、、い
いーっ!」
「雅子ちゃん(本田ちゃん)のフェラも一番、ひどくいいよ」
山口ちゃんに聞こえるように手法といったはしたない広告を吐きます。
山口ちゃんはパンティを脱ぎ、ブラジャーも外して、あんあんという所感を出しながらオナニーにふけっている。半開きの唇から赤い舌が出て、舐め回すような仕草のかなり婀娜っぽい時。
「Kちゃ、、入れたい、、あたしを犯して。。。」本田ちゃんが色っぽく身に言います。
身は山口ちゃんにとことん映るように後ろから本田ちゃんのおまんこにギラギラに硬くなったちんぽを突き入れました。
「あうっ。。はぁふ、、ううん、、K氏、Kちゃぁん。。」
本田ちゃんは凄まじく悶えて意識を振りながら、身の腰の振りに合わせて人体を程に動かします。
山口ちゃんがそばに来たので、手厚くキスしました。
山口ちゃんは、長い舌で身の口腔を舐め回しました。
体勢を変え、本田ちゃんを組み敷いて、山口ちゃんに組立て部が一心に窺えるようにものすごく腰を振りながら、本田ちゃんを愛撫決める。
「なるほど、おや、なるほどあ、K氏、K氏、、いく・・イクっ!K氏も私の中に出してッ!」
本田ちゃんはすごくのけぞってアクメを迎えました。
「うっ。。おや、涼しいよ、、雅子、、雅子ぉ、、生み出すよッ!いくっ!」
身も同時に本田ちゃんのおまんこういう中に多彩あていました。
本田ちゃんが立ち上がり、山口ちゃんの前にのぼりました。
山口ちゃんは、身の精液が流れ出して要る本田ちゃんのおまんこを丁寧に舐めました。
そうして、びっくりするようなことを言ったのです。
「K氏、自分って真美氏(山口ちゃん)レズなのよ」
「あ、、、」山口ちゃんが打ち切るもうすぐ、本田ちゃんは言いました。
身は以前から山口ちゃんに憧れていたので、驚きました。
後家の本田ちゃんは、山口ちゃんを誘い込み、レズにて色欲を解消していたみたいです。
山口ちゃんの家庭も大してうまく行ってなかったらしく、常にセックス答申だったみたいです。
「些か待っててね」本田ちゃんはそういうって、ウェアを着て家に帰って行きました。
驚きながらも射精下もちんぽが小さくならないので、山口ちゃんの肩を抱きつくといった、「すみません、K氏、自分、男性と手出しとかは。。ツボというお口じゃ差し止め?」「う〜ん・・身は真美ちゃんが一番好きだから目指すけど・・・ダメダメな、ええ、いいよ。」
山口ちゃんは手でしごきながら、口で懸命に奉仕してくれます。
明るい真美にゆたかはしたない事を言わせました。
真美のおまんこにはずっとちんぽが入ってないんだね?入れたくならない?そうやってしょっちゅう一人でしているのか?S君としてもらったらどうして?
山口ちゃんはマゾっ意思があるみたいで、身のちんぽを咥えながらはしたない罵声を浴びせられて感じているらしく、自分のおまんこをすっごく擦っていました。
本田ちゃんが帰って来て、鞄から誠にオチンチンバンドを出しました。
「真美氏、まだイって薄いんでしょ?あたしがイカせて差し上げるね」というとオチンチンバンドを付けて、山口ちゃんのおまんこに粛々と入れました。
「あん、、うっ、、なるほどあ、、あK氏が。。見てる、、済む、気持ち良い」スムーズ位でママの本田ちゃんに犯されながら山口ちゃんは涙を流しながら自分で本田ちゃんの動きに合わせて腰を使い始めました。
後ろ格式になったときに身は山口ちゃんの形相前方でちんぽを擦りました。
勿論先っぽは真美の口の消息筋だ。
「真美氏、前方も裏も入ってるよ」本田ちゃんが悩ましい所感で言います。
「真美、、いいよ、お口あったかいよ・・」身も合わせていやらしく言います。
「ふぐっ。。は。。おや、、イク。。いっちゃう。。あっあっあっ。。ああっ」うんざりくずれおちる山口ちゃんの形相に身は大量に精液を振りかけました。
本田ちゃんが身の精液を舌で舐め取り去り、山口ちゃんとキスしながら身の精液を2人で呑み分けました。
そうしたら、山口ちゃんを下に、本田ちゃんを上に抱き合わせて、おまんこをピッタリくっつけてレズやる要素もきちんと見せてもらいました。
ぐちゅぐちゅと響を立てて擦り見合う、おまんこは違う生物のようでした。
なんにも我慢できずに、おまん時おまん過日に、ごつくそそり立ったちんぽを差し込んで、腰を振りました。
2人のおまんこはヌレヌレで滑り、すごくすがすがしい製品でした。
あっ。。あん。。K氏。。あたしに入れてよぉって雅子が言い、
あ、、、K氏、NG、、よぉ入れちゃヤダといった真美が言いました。
身は2人のおまんこに挟まれながら、2人の愛情液にまみれながら、2人のおまんこに振り掛けるように射精し、雅子って真美に口できれいにちんぽを保全させました。
そうしたら、小さな機会があって、身はS君(山口ちゃんの娘)って仲良くなりました。
オフに遊戯に連れていってあげたりしていました。
S君は何となく好少年であり、意識も素晴らしく、やはり真美ちゃんの娘といった思わせるところがありました。
ある日、S君がセックスしたいと話して、身が真崎ちゃんとセックスしてることも知っていると言いました。
真崎ちゃんはダンナのいる身なので、バレたらまずいと願い、セックスしてる要素を見せて与えるので一層S君に了解してもらいました。
夜になって身の在宅の押入れに隠れてもらい、真崎ちゃんを呼んで、セックスしました。
真崎ちゃんはダンナはフェチだけど、身のこどもが欲しいといったどんどん言ってあり、毎度どんどん生で中取り出ししていました。
常に著しく愛撫しながら、押入れのS君に出来るだけ窺えるように体勢を変えながら真崎ちゃんを抱きました。
S君は押入れの中でオナニーしているみたいだ。
真崎ちゃんがイクというタイミング、押入れの中のS君が諤々と響を立ててしまい、真崎ちゃんにバレてしまいました。
仕方ないのでわけを話すって、不憫に思ったのか、見てもいいよ、についてになりました。
「K氏もホンットお人好しよねぇ。。ま、容易いトコがあたいは好きなんだけどぉ」真崎ちゃんはウフフ微笑みながら、身のちんぽを咥えました。
ついでにS君のちんぽも引っ張り出して触ってあげてます。
Kにいちゃん、真崎の中年としたい大胆にもS君が言いました。
身は優子にどうして?って聞いたけど、身さえよければ、一回だけという保証でS君の筆卸しをすることになりました。
優子はS君のちんぽをしごき、口に含みました。
S君はさっさと射精してしまい、嵩の多さに感動優子が精液を呑みきれず、口からこぼしました。
わ!激しいいっぱい出たね?K氏のも多いけどS君ってもの凄く、、、
という効くながら再び咥えました。
K氏もあたいで童貞捨てたのよね?S君もそうのぼる背景かぁ。。
優子はS君に乗ずるって騎乗位で挿入しました。
は、、ぁあ、、あたい、中◯命ってしてるのね?、、涼しい。。S君一層動いてぇS君はメチャに優子を突き上げている。
ふぅうぅん、はぁっ、、あんっ、、済むい、、K氏、、お口に頂戴。。
身は優子の口にちんぽを持っていきました。
おいしみたいに優子がしゃぶりながら、ゆっくりとすごいいやらしく腰としている。
急にS君は優子を組み敷いて、スムーズ辺りになり、強いスピードで突きまくりました。
はん、、、おやん、、いっちゃう。。いっちゃうよぉ。。
ぼ。。身もイキそうですS君!消息筋は差し止めよ、、外部に、、出して、、ね。。あっあっ、、おやんS君はちんぽを抜くと、優子の胃腸の上に射精しました。
も、凄まじい盛況でした。優子の胃腸、おっぱい、形相まで飛び、優子のカラダはS君の精液で白紙になりました。
そのとき運悪く、真美ちゃんと雅子ちゃんが来てしまい、見られてしまいました。真美ちゃんはわが子がそんなことをしているとは思わず、真っ青になりながら、S君を叩きました。
雅子ちゃんが止めましたが、インパクトはありませんでした。
S君はなんだよ!お母様だって常にKにいちゃんとしてるくせに!って大声で喚きました。
優子の時だけでなくS君は全部知っていたのです。
意を決したように、雅子ちゃんが裸になって、S君を抱いて言いました。
分かったから。S氏にもいいことしてあげるから、親父には黙っておいてねS君はこっくりって頷きました。
雅子はS君のちんぽをやさしくなでながら、舌を這わせました。
S君はまた硬くなり、雅子のキスで完全に落ちました。
雅子といったS君のセックスを見ながら、真美は呆然としていました。
身はゆっくりと真美に近づき、愛撫を始めました。
レズには興味ないらしき優子はS君と雅子のセックスを見ながらオナニーしています。
ゆっくり真美のまぶたが危なっかしくなり、所感を上げ始めました。
S。。女性KにいきちんとHなことしてすばらしい?
今まで、真美はセックスしたことがありませんでした。
きっとこのことでルールが吹き飛んでしまったのでしょう。
身は真美を押し倒し、裸にしました。
真美は狂ったように喘ぎ、身を盛込みました。
身はとうとう、目的であった真美のおまんこにちんぽを突きたてました。
なるほど、、真美ちゃん、始終こうなりたかったんだ。。優子には聞こえないように囁きました。
K氏、一層、ずっとして。。なるほど、、もはや、、自分。。K氏、、私も、、フェチ。。
深く突く都度、真美の大きなおっぱいが揺れます。
身って真美は共にイキました。
今までの憧れを込めて、真美の奥深く、射精していました。
その後、雅子というS君は随分体の命運がよかったのか、真美認定でセックスする系になりました。
優子は身のこども(こども)を分娩しましたが、その後引っ越しして離れました。
こどもは正しく育て上げるから心配しないでねって明るく微笑み、落ち着いたら連絡すると言って旅立って行きましたが、初めてコミュニケーションは来ませんでした。
真美は身の定年とともにだんだんコミュニケーション不通となっていきました。
S君という真美、優子の生存は杳として知れません。

パパを見下していた女子を取り巻きに寝取られて私の行ったお返し

あたいが43才で婦人が40才だった通年昔、婦人の不倫を知った。
知ったと言っても怪しいと感じたのはその半年も昔なので、
内面で現実を認めたのが通年前と言った方が正しいのかも知れない。
あたいはひとまず養子ではないが、義父母さんを看る約束で敷地内にマイホームを建てさせてもらったので、民衆から見れば養子と同じで、婦人もその様な感覚でいたようだ。
あたいがそこまでして婦人と結婚式したかった理由は、美人ではないが口元のホクロが印象的で、どっか男好きの始める婀娜っぽい風貌というムチムチした厭らしき体を持ちながら、その容貌は一向に違って、お淑やかで一歩下がって紳士を整える古風なところに惹かれたから。
但しそれは、猫を被って頂けで婦人の真実の外観ではなかった。
結婚してあっという間に懐妊し、その頃から早くも相性を現し始め、懐妊を理由に何もせずに、お茶一杯煎れてはくれない。
それどころか、毎晩のようにマッサージをできる。
但し馬鹿なあたいは、結婚式も最初がキーポイントと先人に授けるられながら、これは懐妊した事で精神的に不安定になっているのだとして逆らわなかった。
無事に双子のこどもが出来上がり、これで普通の生活に戻れると思いきや、今度は子育て消耗を理由にあたいをこき使う。
確かに双子の子育ては困難ので、これも婦人に言われるまま言葉も言わずに手伝ったが、それがいけなかったのか、こども陣が小◯ライフになった頃には、私の所感などまるっきり聞かなくなっていて、何でも勝手に決めてしまい、あたいが口を出そう雑貨なら困難騒ぎに。
普通あたいはただ黙って働いて生活費を運び、一歩も二歩も下がって婦人の思い通りに行動していれば気分が良い。
やがて姑が亡くなり、婦人が義父の支援をするようになったが、そんな婦人も義父はこわいのか、義父の家では料理、洗濯、メンテナンスを卒なくこなし、義父の昔ではあたいを紳士として立てていたが、さすがこちらに帰るといった、父親どころか紳士とも思っていない様な仕方をとっていた。
「何故俺と結婚した?」
「仕事女で良いと言ったし、父兄を看て受け取ると言ったから」
流石に別れを考えた事もあったが、子供達も可愛くて踏み切れなかった。
いいえ、子供に託けながら、本当はあんな暮しも乗りかえるのが怖かったのかも知れない。
そんな婦人に大きな変化が現れたのは通年なかば昔です。
幼い頃から酷く育てられたトラウマなのか、義父の昔では住居を続ける良き婦人を演じ、子供達のポイント以外で外出する事は全然無かった婦人が、義父が状態を壊して急に弱気になり、婦人に対して何も言わなくなってからは色々長所をつけて外出する事が目立ち、一気にインナーもメークも明らかに派手になった。
髪にも大きなウエーブをかけて、どうも安い仲間の母のようだ。
中でも義父が入院してからは、それまで押さえ付けられていた重石も取れて、立ち寄るって午前様になることも度々で、子供達には義父の医者にいたといった説明していたが、その医者は至高看護で余程の事がない限り、例え家族でも夜9時折病室から出される。
やはり不倫を疑って、最初はお客様を調べて叩き潰してやるとさえ思ったが、
直ちにそのような熱い気持ちも醒めてしまい、冷静になればなるほど、どうしても良くなってしまった。
それと言うのも婦人はセックスが大好きで、大揉め事した夜もセックスだけはごとだとばかりに迫って現れる。
特にこども陣が中◯ライフになった辺りからは、寝室の出先では鬼ものの風貌を通して言葉ばっかり言っていても、一旦寝室に入るといった毎晩のように猫撫で声で迫って現れるようになり婦人が満足するまで何度でもしてやらないと、終わった後に「父親の商売も果たせないのか」って罵倒された。
それはあたいが労働でいかに疲れていようとも変わらず、断わろう雑貨なら口も利かなくなって、翌日の飯台には嫌がらせのように私の嫌いな品ばかりが並ぶ。
それが、発車が増えてからは迫られることが急に鎮まり、
だんだんセックス受け答え状態になっていた。
普通の恋人ならここで不快をもらし、婦人を追及するのだろうが、あたいはそれで良いと思ったのだ。
鬼ものの心を知ってしまっては、どんなに色気があってエッチなインナーで迫って来ても情欲が湧かない。
言動中に思いきり依頼を擦り込みられたら、勃起を維持するのも一苦労。
必死にお気に入りのママ働き手や近所の奥様などを思い浮かべて、やっぱし奮い立たせていた体調だった。
但しそういう私でも紳士としての自尊心はあり、婦人に浮気されていると分かれば放ってはおけなくなる。
次いで内面で婦人の不倫を否定して、気付いていない父親を演じていたのだが、不調は小気味よいって説明されていた義父が入院してから3ヵ月で絶命し、49お天道様の法要があった前年の今更、婦人の次女夫婦が泊まりで来ていたにも拘らず、
夜になって仲よしといった飯の約束があると言って赤いワンピースに着替えて出掛けたので、不倫を疑えという次女から指摘されてしまった。
他の方が気付いてしまえば、浮気されていても何も言えない侘しい父親だと思われるのが不愉快で放ってもおけず、自分でも紹介を持っている事を認めざるを得なくなってしまう。
ひと度自分で認めてしまうと、そんな婦人も癇落ち着きではなくなって興信所に頼んだが、相当考えてみれば不倫された悔しさよりも調べて確信を得る事で、婦人に関して手強い舞台に立てるかも知れないという考えが強かった。
普通嫉妬心は余白なく、その事で揉めてクリティカル別れになってしまっても構わないとさえ思ったのだ。
確信は指定したその日に取れたが、興信所は確信を確実な物にする為に、
惜しくも続けて見つけ出しさせてくれという。
ラブホに夜の8ら入り、出て来たのが午前1状態。
出入りの撮影もあって風貌や自動車の個数も断固写っているのに、
これ以上何が責任というのだ。
2ユーザーが裸でセックスやる撮影も撮れるというのか。
初日に確信が取れたと正直に言ってきただけ、堅実な興信所なのかも知れないが。
撮影を見て、お客様の紳士は誰なのか一目で分かった。
それもその筈、私の直属の下で北村という紳士です。
たしか奴の奥様は懐妊内だと聞いていたので、自由にセックス出来ない紳士が不倫したくなるタイミングです。
北村は酩酊ときのあたいを、何度か送ってきてくれた事があったので婦人との接点はいらっしゃる。
初々しい上にユニバーシティまでサッカーを通していて、さぞかしスタミナには確信が有りそうだから、あの強い婦人のお客様も勤まるのだろう。
家路、婦人に頂点ショックを与えるのは、どのような手立てなのか感じ取るが妙案が浮かばない。
次いで、では2人の社交がどの程度の雑貨なのか知ろうって、今まで視線も無かった婦人のケータイをのぞくことに始める。
家に帰ると婦人はケータイを握りしめたとおり眠っていたので、こっそり指を開いて取り上げて見ると、一先ずキーは掛かっていたがあたいを舐め切っているのか、暗証ナンバーは自分のバースデイただただです。
ただしそんな大雑把な婦人としてはめずらしく、メイルはこまめに削除しているようで、残っていたのはあたいが興信所のユーザーという会っている間に交信された、今日のメイルだけだった。
(課長は帰って来たか?)
〔まだまだだ。今日は遅くなると呼出が有りました〕
(それならじっくりメイルが出着ける。それにしても昨日の真美は凄かったな)
〔だって、こんなの塗られたら。もはやそんな物は使わないで。〕
(不愉快だったか?実際不愉快だったのか?気持ちよかっただろ?正直に言ってみろ)
〔気持ちよかっただ。けれども怖いから不愉快。自分が分からなく向かうから〕
(そんな事を言って、本当は思い出して濡らしているのだろ?触って確かめてみろ)
〔そんな事無い。濡らしてなんかいません〕
(うわさです。淫乱な真美は濡らして要るに決まって掛かる。正直に言わないといった、これから逢って終わるぞ)
〔正直に言いますからあす逢って。濡らしていらっしゃる。皆さんを思っていたら、濡れてきてしまいました〕
(正直に言ったからあす逢ってあげるが、逢うだけでいいの?やるのだろ?やるのなら、
あすオマンコくださいです)
〔あす、オマンコください〕
(よっしゃ。あすは午前中に真美のマイホームに行くから用意して待ってろ)
〔すでに家では不愉快。夜逢って。夜ラブホで抱いてほしい〕
(明日の夜はモードがあるし、明後日の夜は仲よしに巡り合う約束をしている。
その次の日の夜からは婦人のマイホームに行くから、それなら暫らく我慢して買うしかないな)
〔分かりました。あす用意して待っています〕
(それよりもあすまで我慢出来るか?待ち受け切れずに今夜課長とセックスするなよ。
約束を破ったら、更に抱いて終わるぞ)
〔しません。あなたに禁止されてから、一度も抱かれていません〕
(ファクトか?今まで抱かれていないのは任せるが、今から濡らしていては、今夜近辺やばいな)
〔信じて。あなたに言われた通り、オナニーもしていません〕
(そうか、偉いぞ。それでも今夜は危ういから、一度だけ逝かせて決めるか?)
〔オナニーしてもいいの?〕
(駄目だ。今から電話を掛けるから、ケータイをバイブとしてからクリを剥いて当てろ。
逝けたらメイルでコメント済ませろよ)
〔逝きました〕
(とても速いな。ケータイのバイブをクリに当てただけでは無くて、自分でオマンコも触っただろ?オナニーは不可能してあったのに、これではオナニーと同じです)
〔すまん〕
(あすは懲戒ですな)
あたいは目線を疑った。
そんな言いなりな婦人では乏しいハズ。
こんな受身で、下手にばっかり出ている婦人では薄いハズ。
あたいといった知り合った辺りのように、また猫を被っているのか?
あたいは直ちに伝えるのをやめて、2人の言動を見てみたくなった。
あす北村の狙いを見ると、昼過ぎに大事なすり合わせが在るだけで、後はお礼程度の者しか入れてない。
北村は出勤して直ちに斡旋に出たので、私も長所をつけて組合を出る。
離れた場所に自動車を置いて自宅に向かうって、さすが組合の冠が入った自動車があった。
私の現場を知っている近所のユーザーは、これではあたいが帰っていると思って疑わなかったことだろう。
こういうマイホームの主であるはずのあたいが、いわば泥棒のように調をたてずにコツを開け、扉を閉め切るのにも10秒以上の時間を掛けて入って行ったが、何処にも人の感じはない。
今度は横の義父が住んでいたマイホームに入ろうとしたが、
扉は鍵が掛かっていてスペアカギも欠けるので裏口に訪ねる。
こういうマイホームは古くて、裏口のコツが壊れたままになっているのを知っていたから。
また足音を立てずに細心の注意を払いながら摺り歩きで入って行くと、
当の2ユーザーは私の苦労も知らずに、ドタドタといった入って行っても気づかないほど大きな声で、風呂でキャッキャと騒いでいた。
「キャー、やめて、インナーが濡れちゃったわ」
「うるさい!とにかく違うお汁で濡らしているくせに。俺の手立てが不愉快なら、やめて返るぞ?」
急に婦人のカラーが落ちる。
「すいません。真美が悪かっただ」
何とあの婦人が13才も年下の小僧に怒られ、抗議もしないで素直に謝って掛かる。
それどころか子供のように、自分の事を望ましく真美と叫ぶ。
当然婦人が奴に迫り、親分の婦人だという舞台を利用してつながりを続けさせていたと思っていたが、筋道を訊く以上そうではなさそうです。
あたいとのセックスがそうであったように、言動は我侭な婦人主導で進むと思っていたが、これもそうでは薄いようで、嫉妬よりもその事が疑惑で堪らなくなり、飛び込んでいくのをやめて、惜しくも見かけを見ようと思った。
「ほら、この方が乳首もオマンコも透けて見えて、裸よりもどんどん厭らしく窺えるぞ」「今日はインナーのままするの?」
「なるほど、もっとローションを垂らして、素早く始めろ」
急に話し声が聞こえなくなったので近付いて耳を澄ますって、ヌチャヌチャという調が聞こえてきたので、婦人が何をさせられているのか発想はついた。
「今日はお忙しいから、もう一度洗い流して次に移れ」
ここにはシャワーがないのでお湯を汲んで引っ張る調がして、その調が止むといった今度はチュパチュパと棒の付いた飴も舐めておるような調が流れる。
「ますます唾液を溜めて大きく・・・・・もっと奥まで入れろ」
「ウグッ・・・・高いから・・これ以上は入らない」
先グチュグチュといった再び大きな調が聞こえ。
「ウウッ・・一度吐出したくなったが、何処に出せばいい?このまま口か?」
「・・・・・・・・・」
「真美は何のためにピルを飲んでいる?」
「あなたに・・・自由に使ってもらえるように・・・・・いつでも好きな時に・・・
中で立てるように・・・・・・・」
「それなら何処に出したらすばらしい?」
「・・・・真美の・・・・・・」
「聞こえない!」
「真美のオマンコに」
「はい。布団は敷いてあるだろうな」
「あれ・・・またあの部屋で?あちらは不愉快。エントリー、ここで・・」
「駄目だ。前日不可能してあったオナニーをしたから、あの部屋で待て!の懲戒です」
「許して。直ちにお布団を敷いてきます。あの部屋でもいいから、待て!の懲戒だけは許して」
婦人が濡れた真っ赤なインナーを着けたとおり、ボディを拭きながら飛び出してきたので咄嗟に自分を隠したが、婦人の慌てみたいを見て、待て!の懲戒は何なのか気になって仕方ない。
久し振りに確かめるインナーの張り付いた婦人の裸に見とれていると、ズボンを穿いた北村が出てきたが、流石にサッカーを通して頂けあって、太ももとふくらはぎの太さが目線を惹く。
奴は暢気に鼻歌を歌いながら深層の部屋に消えて行ったが、そこは十畳の仏間です。
これはあたいにとってはナイス。
そちらなら障子の下がガラスになっていて、歩廊の道から豊富見れる。
少々遅れて近付くと、婦人の鬼気近寄る音声が聞こえてきた。
「お薬はイヤ・・・・・・それを扱うのは許して」
薬は落ち着きではないので慌てて目線だけを出して覗いたら、
婦人は部屋のミドルに敷かれた布団の上で、四つん這いの外見でしげしげと動かず、裏手に胡坐を掻いて座っている北村に、ちっちゃなビンに入った液体をオマンコに塗り秘められていた。
「どうだ?これは直ちに効いて来るだろ?」
「熱い・・・アッ・アッ・アッ・・・触って・・熱いの・・・・」
婦人はお尻を熱く振ってせがみ差し出し、北村はビンの蓋を閉めながら笑っている。
「いよいよ触ってもいないのに、どっさりお汁が溢れて生じるぞ」
「熱いの・・・アッ・アッ・・熱いの・・・ちょうだい・・・早く・ちょうだい」
「入れて吊り上げるが真美はイクなよ。夕べオナニーした罰として待て!です。いいな?」
北村は丸々後ろから入れたが、あたいは他人の情事を覗いているかのように、留めるのも忘れて股間をごつくしていた。
風呂での言動が尾を引いているのか、媚薬と思われる薬が効いているのか思い付かが、北村が数回出し入れしただけで、婦人は早くも登り詰めようとする。
「アッッ・・アアッ・・・再びイク・・・イク・イク・イク」
「駄目だ。未だに待て!です」
「イキたい・・エントリー・・待て!は・イヤ・・・アアアー・・・エントリー」
「仕方ない奴です。それならこの間のように、パパに謝ってからイケ。
正しく謝ってからならイクのを許可してやり遂げる」
それほど言われると婦人はお隣を向いて、仏壇の中の義父の撮影を見た。
「アッ・・パパ・・ゴメンナサイ・・・アアー・・・そんなこどもで・ゴメンナサイ・・
真美は・イキマス・・・・アアーン・・パパに見られながら・・イキます」
北村はこれをさせたくてこういう部屋にしたのか?
それにしても詫びるなら義父ではなくて、なぜ父親のあたいに謝らないのかという、そういった下らない事を考えていた。
「良い?・・・謝ったから・・・イッても好ましい?・・・イク・イク・イク」
「こら!いまだにイクな。何をしてもらっているのか、パパに報告するのを忘れているぞ」
「アッ・アッ・アッ・・・・真美は・・パパの昔なのに・・・分厚い陰茎を・・入れてもらっています・・・・真美は今から・・アアー・・・分厚い陰茎で・・エッ?・・・・・イヤー・・・イヤ・イヤー」
北村は差し出すまでの間売り上げを通していたようで、婦人がイク寸前に出してしまい、婦人は必ずこのままイキたくて、狂ったようにお尻を擦り付けていたが、軽々と抜き去られて仕舞う。
「イヤー・・・・しばしだったのに・・・・イヤー・イヤー」
「ちゃんとイカせてもらえると思ったのか?オナニーをした罰に、待て!の懲戒だと言っただろ」「これから逆らいませんからイカせて・・・・・こんなのイヤー」婦人は恥も外聞も無く、ボディを支えていた片方のポイントを秘部にとって行ってもてあそび出す。
但し、それに気付いた北村に、手首を掴まれて引き離されてしまった。
ポイントが退けられた婦人のオマンコからは、北村の出した白い品が垂れているのが思える。
「何をしている!誰が自分で触っても良いと許可した。早く汚れたオマンコを拭いて、俺の陰茎を舐めてきれいにしないか」
「けれども・・・・・けれども・・・・・」
枕元にあったティッシュで拭いてから、四つん這いのまま路線を変えた婦人は、膝上がりになっている北川を縋る様な目線で見詰めながら、ポイントも使わずに目の前に残る陰茎を口に含んだ。
「こんな目線で見分けるな。フーッ・・・分かったから、あの容器を持って来い」
婦人は四つん這いのまま急いで仏壇のお隣まで赴き、押入れを開けて綺麗なメーク容器を入れるって北村の前に据え置く。
北村は容器を開けて何だか選んでいたが、婦人も容器の内を覗きこみながら、待ち受け切れずにまた自分で触りだした。
「アッ・・アッ・・短く・エントリー・・・・少なくー」「速くして欲しければ自分で触っていないで、バイブちょうだいを通して待て」それを聞いた婦人は慌てて布団に仰向けに寝て、両膝をとことん胸に有する。
これでは北村の位置からは、お尻の罠までむき出しだろう。
「今日はお忙しいから縛らないが、いかに感じても最後までその身構えを崩すな」「うん・・・・速く・・・」
北村はピンク色のバイブを取りだすって、切替を入れて婦人の秘部にもっていく。
「イヤー・・・早く入れて・・・イヤー・・そこはイヤー」
「イヤ?真美はクリをこう受けるのも歓迎だろ?」
「クリも歓迎・・・アアーン・・も・中でイキたい・・・・中で・・・・・」
そんなに言いながらも、婦人が登り詰めていくのがわかる。
「そうか、クリは不愉快か。それなら止めよう」
「イヤ・・・クリもイイー・・・イキみたい・・・イク・イク・イク」
「まだイクなよ。クリはお断りといったうわさをついた罰に、また待て!です。」
「イキたい・・・イキそうなの・・・イカせて・・イクー」
「待て!」
「イヤー・・・待て!はイヤー・・・イケ!と言ってー」
言わば犬の発展もしているようだが、不思議なのはこうした屈辱に素直に従っている婦人です。
はたしてこういう女房は私の婦人なのだろうか?
「イク・イク・イク・イク」
婦人が今にも登り詰めようとした拍子、北村は秀逸のタイミングでバイブを離した。
「イヤー・・イヤー」
「クリは不快のだろ?中でイキたいのだろ?中でイカせてやるから、
その格好のとおり指でオマンコを開け・・・・・・・二度と」
あの婦人が、それにも黙って素直に従う。
「気まずい外見ですな。真美には羞恥心は薄いのか?」
「恥ずかしい・・けれども・・けれども・・早く・・・忍耐出ない・・・・」
「入れてやるから、オマンコに入って行くポジションを見てろ。目線を逸らすなよ」
「ヒィィー」
ピンク色のバイブの幾分がまるごと婦人の中に消え、最初は焦らすかのように、
ゆるゆる出し入れされていたが、低いモーター調が聞こえ出すと共々速さを増して行った。
「待て!」
「アッ・アッ・アッ・アッ・・待て!は・イヤ・・・・待て!は・・イヤ・・」
「待て!」
婦人は必死に我慢していて、今までの厳しい喘ぎ音声は悪い唸り音声に変わって出向く。
「ウウー・・・ウッ・・ウッ・・・ウウウー」
「いまだに待て!ですぞ」
「ダメ・ダメ・ダメ・・・イケ!と言ってー」
その瞬間、またバイブは抜き去られる。
「イヤー・・・・もう・イヤー」
あの気の手強い婦人が泣いてしまった。
「仕方ない。今度はイカせて講じるが、イケ!と言ってからだぞ。解答は?」「うん・・・・うん」
北村はバイブをひと回り分厚い透明の物に代え、今度は四つん這いにさせるといった後からズブリと差し込んで切替を混ぜる。
婦人は瞬く間にのし上がり、ボディを助ける両手が震えていた。
「未だに待て!です」
「もはや・・いよいよ・・再び」
「イケ!というまでイクなよ。依然待て!ですぞ」
「アッ・アッ・ウゥー・ウゥー」
ポイントだけではなくて、婦人のカラダが震え出す。
「もはや許してやるか・・・・・・・・イケ!」
「ヒッ・ヒィィー」
「イッたか?」
「よし・・・イッたから切って・・・すでに切って・・・アッ・アッ・アッ・・」
「駄目だ。もっと思い切りイッてみろ・・・・・・・・・イケ!」
「ヒィー・・・・ヒィィィィィィィー」
婦人はバタリといううつ伏せに崩れ落ち、お尻だけを何度もピクピクという持ち上げた上、うんざりって動かなくなってしまった。
「涎まで垂らして。必ずしも良かったのか?」
北村がそんなに言いながらバイブを抜いても、
婦人は解答もしないで死んだように横たわっている。
婦人を仰向けにしようとしてある奴の陰茎を見ると、
流石に若々しいだけあって早くもまた大きくなっていたが、あたいよりもしばらくでかいかと言える程度で、限定立派だとは思えない。
ただしこれも若さなのか、あたいとは違ってヘソにつきそうなほど反り返っていた。
婦人はこういう反りという硬さに観念したのか?
但し、そうでは薄い事をこの後わかる。
「何を休憩しておる。今度は陰茎の番だろ?
一服などしていられないように、惜しくもこれを塗って決める。今度は中にも」北村はお隣に置いてあったビンの蓋を開けると、指ですくい取って婦人にすり込む。
「お薬はイヤー・・・・内が熱い・・・イヤ・イヤ・・・内が熱い・・・熱い」
婦人は待ち受け切れずに自分で触りながら、独自上下に腰を使っていらっしゃる。
「やましい・・・独りでイッちゃう・・・ちょうだい・・・短くちょうだい」
「何を?」
「アーン・・・・オチンチンだ・・・・オチンチン下さい・・・」
「いかなる陰茎が欲しい?」
「焦らさないで・・・・大きなオチンチン・・・固く大きな陰茎だー」
北村は婦人に覆い被さり、最初から始終速いストロークで責め続け、直ちに「イケ!」と言って婦人を直ちにイカせ、休ませてほしいという婦人の言い方を無視して抱き起こし、座って抱き合った格好のとおり暫らく動いてから、両膝の裏に上腕を差し込んで抱き締めて、婦人のボディを持ち上げ落すを繰り返した。
「ヒィー・・ヒィー・・奥まで・・・奥まで・・・・ヒィー」
「イッても良いぞ。ほらイケ・・・・・・・イケ!」
「イクー・・ヒィィー」
でも奴は許さずに、婦人を抱き締めたとおり後に倒れると、変わらぬストロークで部下から突き積み重ねる。
「アッ・アッ・アッ・・いよいよイヤ・・・いよいよイケ弱い・・・・イケ!という言わないでー」
「駄目だ。引き続きイカせてする。イッても相応しいぞ・・・・・・・イケ!」
「イク・ヒィィー・・・・・・・・今やイケ!はイヤー・・・・イケ!はやめて」
「まだまだ。今度はますます激しくイケよ・・・いいな?・・ほら・・・・イケ!」
「また・・また・・・イク・イク・イクー・・・・ヒィー・ヒィー・ヒィィィー」
この後も体位を変えてずっと責め続け、あたいとの時は「まだまだ出さないで。ずっと」としか言わない婦人に「とうに許して」って言わせたばかりか「これ以上されたら、死ぬー」とまで言わせてしまう。
おおかた婦人はこういう連続した、何時終わるとも知れない戦慄に平伏したのだ。それも散々忍耐させられた上だけに一段とだろう。
普通の父親なら、嫉妬から直ちに飛び込んで行って殴っておるかも知れないが、あたいは調を立てないようにその場を離れた。
あたいは婦人を、もう一度かわいがりていないのか?
但しあたいにも、嫉妬が無い訳ではない。
ただ、婦人の中に他の紳士が入った嫉妬ではなくて、事あるごとにあたいを罵り、
逆らい積み重ねる婦人を思い通りに操って、従わせて掛かる小僧に対しての嫉妬です。
あたいは脱衣立場に行くといった、北村のパンツから自動車のカギを抜き取って組合に舞い戻り、カギを失くした慌てようを発想しながら控えるといった、奴は5状態前になって戻ってきて、スペアカギを持つといった慌てて出て行こうとした。
「それほど慌ててどうした?」
「午前中に寄った者で、自動車のカギを失くしてしまって・・・・・・」
「他のすり合わせは?」
「それは電車で行って済ませました」
「それなら、決して慌てることはない。今日は自動車で来ているから、帰りにあたいが乗せて行って決める」北村は恐れそうな風貌になって、急に歯切れが悪くなる。
「いえ・・・・者の・・・ほんのり邪魔になる場所に・止めてしまったので」
「それなら、今すぐに行こう」
「いや・・電車の方が・・・手っ取り早いので」
「それなら駅舎まで乗せて行ってやる」
車内も落ち着かず、続続貧乏揺すりを通していた。
「課長はどうにか・・・」
「おや。さっと手っ取り早いが、今日はこのまま帰ろうという」
「おや・・・・・」
北村が驚くのも無茶は無い。
ここからでは裏道が空いていれば電車という左手ほど変わらず、
直ちに電車が来なければ、むしろ自動車の方が手っ取り早いかも知れない。
「課長!甘えついでに、一部分先の駅舎までお願いできますか?」
奴も考えたものだ。
一つでも我家から遠くなれば、それ程電車の方が有利に上る。
「子供が生まれるのは翌月だったか?」
「あれれ?はい、翌月だ」
私の問題に上の空。
「この時期、紳士は忍耐出来なくなる辺りだから不倫には期待済ませろよ。
最近は、自分の子供を一度も抱かせて買えずに、別れなんて事もよくあるらしいからな」北村は憂慮し、横目であたいをちょっぴり見ている。
「紳士の不倫は昔から多かったが、最近は女の不倫も多いらしきぞ。
仮に奥様が不倫したら、氏ならどうする?」
「いや・・・・考えた事も・・・・」
「そうか。あたいなら家内というお客様から賠償をガッチリとって別れです。先相手には社会的制裁も加えて・・・・・・。否、その前に私の家内は美人でもないし、気が激しいだけの女房だから大丈夫か。そんなもの好きな紳士はいないな。ハッハッハッ」駅舎にたどり着くと、北村は焦って自動車を降りた。
「遠くまで、ありがとう」
「なるほど、疑い取り除ける。ハイウェイを使うから」
「えっ!ハイウェイ!」
北村の風貌から血の気が引く。
奴は駅舎にかけて全速力で走って行ったが、あの様子だと電車の中でも走っているかも知れない。
あたいはマンガ喫茶で間を潰して、逆にいつもより遅く帰ると、組合の自動車が止めてあるのを見て、怒って何処かに行っていた可能性もあると思ったのか、結婚式以来いよいよ扉までおもてなしにきた。
「お戻りなさい」
その後も腫れ物にでもいじるような仕方で、テーブルには私の大好きばかりが並んでいた。
「あ・な・た・・・・お食事は・・・・・」
「先に風呂に入る」
今までなら、あたいがこういう様な仕方をとれば困難ポイントになっていたが、この日の婦人はまことに私の背中を流しにきた。
流しに来たと言うよりは、見かけを探索に来たと言ったほうがふさわしいのだろうが。
「今日は・・・・遅かったのですね」
こうした容易い仕方や、あんな丁寧な言い方使いの婦人は付き合っていた辺り以来だが、次の言い方で豹変する。
いいえ、一変したのではなくて、普段の婦人に戻っただけだが。
「今日は素早く退社したから、久し振りに友達のマイホームに寄ってきた」
「なに、それ!」
婦人はスポンジを洗い場に叩き付けて出て行ってしまい、先に飯を済ませて直ぐ寝室をめぐってしまったので、普通あたいは独自寂しく飯をしたが、今後の事を考えると楽しくて、そういう婦人の仕方も快適。
翌日の昼休み、北村を誘って昼食に生じる。
「氏が失くしたカギはそれじゃないのか?」
「どっ・・どこに・・・・・・・」
「なるほど、不思議なポイントに脱衣立場の尖端に落ちていた」
「・・・・なぜ・・・課長の・・・・・・・・・」
奴は何も喉を通らないようで、あたいが食べ終えてもただ俯いている。
「食べないのか?」
「腹が痛くなってきて・・・・・」
外へ出ると、風の音がいつもよりも快適。
その夜婦人は、また懲りずに扉までおもてなしにきた。
「北村氏から、皆さんを誤解させてしまったかも知れないと呼出があって・・・」
「その問題は上です。腹部が減った」
普段なら、そんな偉そうな名をすれば当然切れられる。
但し婦人は。
「そうですよね。一所懸命働いてきてくれたのだから」
あたいは覚悟して亀のように首をすくめていたが、こういう言い方を聞いて首を伸ばして胸をかける。
婦人は飯内ももっと落ち着かず、手早く弁明をしたくて仕方が無い見かけです。
飯が喉を通るだけ、北村よりは図太いが。
「さっきの話し出しだけれど・・・・・」
「先に風呂に入る」
いったい婦人は、背中を流しに来た。
「本当は、前日近くまで来た北村氏が、過日皆さんを送ってきた時に傘を忘れていかなかったかと尋ねに寄られて、その時に自動車のカギを無くされたから、捜していて長くなってしまったの。
ですから変に誤解でもされるといったお断りからと、2ユーザー共黙っていて・・」
「傘ぐらいで?」
「うん。おかあさんからようやく贈与された覚え書きの傘なんですって。
やはり疚しいポイントなんてないのだけれど、あなたに無駄な疑いを掛けないように・・・・・」
「けれども、なぜ脱衣立場に?」
「北村氏が帰られてから扉の尖端に落ちていたのを見つけて、
ポケットに入れておいたのを忘れてしまって、今度はあたいが落としたらしきの」
おおかたあの後電話で、2人で必死に考えて話し合った弁明なのだろうが、賢く考えたものだと頭で拍手講じる。
「前日はゴメン。急にやる気が悪くなってしまって・・・・」
「そうか。けれども、ご飯は食えた」
「いや、それは・・・・・・・・」
それにしても弁明をするときの、婦人の言い方使いは何ときめ細かいポイントか。
「久し振りに、真美も一緒に入ったらどうだ」
「子供達が起きているから・・・・・」
裸を見せてあたいが興奮してしまい、あたいがその気になって北村との約束を破ってしまうのがこわいのか?
それとも、裸をあげる事すら禁じられているのだろうか?
余りにもお淑やかな婦人が違う女房に見えてしまい、裸を見るもなく私の陰茎は硬くなり出した。
それを見た婦人は慌てて出て行き、常にあたいに手伝えとも言わずに、黙って洗い物をしていた。
「今夜、久々にどうだ?」
「子供達が実験昔で遅くまで起きているから、また今度にください」
北村にあたいとのセックスを禁じられて掛かる前とでは、2人の台詞は逆転して掛かる。
あたいが何度もいざなうので、子供達の見かけを見に行った婦人は子供部屋から出てこずに、普通この夜寝室には来なかった。
あすは北村が昼食を誘ってきて、隠していた事を常にわびる。
「正直に話してくれれば良かったのに。ひと回り以来違う氏といった家内が、大笑いつながりになるなんて憂う筈が無いだろ。それに、いかに懐妊中でセックスが出来無くても、そんな幼くて綺麗な奥様と別れのリスクを迎えるかも知れないリスキーを冒してまで、あの家内という関係を持つなんて練る方がおかしいよ」
あたいが疑っていない事を婦人に通信したようで、その夜の婦人は以前の婦人に戻っていた。
「家で出来乏しいのなら、ラブホテルにでも行かないか?」
「こんな勿体無い事は不愉快。それに、どっちみちあたいを満足させられないくせに、
偉そうに誘わないでよ。あたいは御免だから、吐出したければ自分で出せば。
ネットを見ながら右側のお世話になるのがお似合いよ。そういうのはおはこでしょ?」
隠れてしていたつもりが知られていた。
あたいは惜しくも気付いていないぶりを通して、小出しとして反動を楽しむつもりだったが、良い年代を通して自分で処理していた事を知られていた恥ずかしさに耐えられなくなり、興信所の撮影を最初枚婦人の目の前に叩き付けてマイホームを出た。
午前出勤する為に着替えに戻ると、いつから来ていたのか北村がいて、
あたいに気付くと2ユーザー並んで土下座講じる。
但しあたいはこんな2ユーザーを無視して出勤したが、北村は婦人と今後の事でも相談しているのか、流感を理由に欠勤した。
家に帰ると北村の外観は無く、立ち直りの手っ取り早い婦人は開き直ってあたいを罵る。
「ネズミみたいにそっと嗅ぎ回って。実にあなたは最低の紳士ね。
こうなったのも、女房独り満足させられないあなたが悪いのよ。
あなたが父親の営みを果たしていれば、私だってこんな事はしたくなかった」
この他にも、あたいを罵る婦人の言い方は延々と貫く。
あたいを軽くみていらっしゃる婦人は北村の気分をとって「あたいが何とかするから」とでも約束して帰したのだろう
婦人は不倫の原因を私の力不足として、言い訳に全力だった。
「あたいは常に我慢していたわ。気に入らないなら、離婚してもいいのよ!」婦人は何とか別れという言い方を口にし、これで勝ったと思ったのか合格そうな表情を見せつける。
あたいが敢えて困ったような風貌を通して俯いてやると、とどめを刺そうといった一層追い討ちを掛けてきた。
「離婚しましょう。ここは私のマイホームだから、あなたが出向くのよ」
風貌を上げて婦人を見ると、勝ち誇ったような風貌で笑顔まで浮かべていた。
「そんなに決める。別れです!」ただし私のこういう言い方で、丸々風貌が蒼ざめていく。
「えっ・・・・・・そんな・・・・・・・そんな事・・・・・・・」
あたいが「エントリーだから、離婚しないでくれ」と、縋るとでも思っていたのだろうか?
今度は攻守交代して、あたいが再度追い討ちをかける。
「大地は真美が授受したものだから俺が出向く。
ただこういうマイホームは俺の名義です。今まで返し終ったのが約千二百万。
真美は働いていなかったが、不憫だからプラスを折半やるとして、
幾分の6百万は返してくれ。と言いたいが、ひと度建てたときの本質はないだろうから4百万で素晴らしい。
未だに割賦は居残るが、ここに住みたければ後は自分で払え。
貯蓄は大したポイントないが、それも幾分はやる。他に賠償を5百万請求するが、これは共著犯罪だから2人で払ってもいいし、all真美が払っても嬉しい。
もちろん北村がall払ってもいいのだから相談して決めろ。
本来は個別に請求する雑貨らしいが、俺はどちらが払ってくれても構わないから、配分は奴と相談してくれ。金額に不服なら介入にかけるか法廷にするから言ってくれ。
法廷にすれば再び安くなるだろうが、その分弁護士価格その他で、
普通おんなじぐらい要るかも知れないから思い切り考えろ」
「あたいは・・・なにも・・・・本気で別れまでは・・・・・・・・」
婦人の音声は、聞き取れないほど小さくなる。
「あとは子供の親権だが、どちらに来るか、これは2ユーザーに任せよう。
更にそのぐらいの鑑定は見込める年代だとおもう。」
「あの乳幼児陣に何でもかんでも話すの?」
「通常です。何も知らずに片親なんて不愉快だろ。それと真美も職を探せ。
もはや誰も生活費を運んで欠けるのだから。
あっ、この土地といったマイホームを売れば暫らく寛げるか。
どちらにしても売らなければ、賠償やプラス分与は払えないのだから。
じゃあ、俺はあすにでも出向くから」
「待って・・・・・・・」
「そんなに。言い忘れたが、不倫始める様な女の子はお断りと言って俺の所に加わる場合は、養育費も払って買うからな」あたいが寝室に行こうとすると、後ろで婦人の啜り泣きが聞こえてきたが、そんな悲しそうな泣き声は義父が死んだ時でも聞かなかった。
子供達に悟られぬように、音声を殺して泣いているのでますますそれほど分かるのだろう。
これがあたいという離れる寂しさによる雑貨なら、初めて許してもやりたいが、
およそ今後の暮しが不安なのと、クリティカル子供達とも離れなければならない辛さによる雑貨だろうから、そう簡単にはきらい。
暫らく泣いていた婦人はクシャクシャな風貌で寝室に来て、着替えを持って出て行った。
次に入って来た婦人はパジャマを着ていたが、風貌には晴れ晴れ目線のメークがされている。
「ごめん。あたいが悪かっただ。再度こういう様な事はしませんから許して」「残念だが、しばし手早く見抜くべきだったな」
「やり直させて。今からのあたいを見て判断して」
婦人がパジャマを脱ぐといった、上下黒の婀娜っぽいインナーを着けている。
婦人は私の目線を見詰めながら、焦らすかのようにゆっくりとブラジャーを外してフロアーに落した。
普通婦人は、夫婦なのに色仕掛けで説得しようとしているのだ。
目茶目茶じゃないのかと思いながらも、婦人が私のパジャマの釦を外して出向くのを黙って見ていると、こっそり私の乳首に舌を這わせ、硬くなり始めた陰茎を擦って現れる。
「皆さん、すいません。あなたが歓迎。あなたの逞しいこれも歓迎。あっ、硬くなってきた。
うれしい。凄いごつくて大きい。皆さんエレガントよ」
見え透いたお世辞に、硬くなり出していた陰茎は逆に萎み出したので、婦人は慌ててパジャマというズボンを一緒にはぎ取るといった、こそこそ陰茎を口に盛り込む。
私の陰茎は優しい質感に包まれて、急激に硬さを増していく。
「皆さん、このまま口に出す?それとも私の中に?」
「中に出してもいいのか?」
婦人は解答もしないでパンティーを脱ぐって私の上に跨って、四股も踏むかのように大きく歩きを開いて陰茎を第一歩に当てる。
途端、陰茎はヌルッと中に納まったポジションをみると、婦人はこういう様なときの取り分け感じて濡らしていたのだ。
わが婦人ながら、何て淫乱な女房ですという呆れるが、こんな時にごつくやる私も似たようなもの。
婦人の腰は円を描くように動いていたが、くれぐれも少なくは貫く。
「こんなのは・どお?・・・清々しい?」
「なるほど、すがすがしい」
婦人は合格そうな風貌を通して上下の動きに臨みたが、予めゆっくりとした移転だった。
「これは・どお?・・どお?」
「気持ちよいが、なおさら早く動いてくれ」
「慌てないの」
忍耐出来なくなったあたいが腰を動かすという、婦人はそれを制止する。
「あなたは動かないで・・・あたいがしてあげる・・・・こう?・・・こうがいいの?」
「おや」
「私のオマンコは・・どお?・・・・・オマンコ・気持ち良い?」
「真美のオマンコは、凄い気持ちいいぞ」
あたいはこれで落ちたと思ったのか、妖しく微笑むといったどんどん動きを素早くした。
「アッ・アッ・・著しい・手ごわい・・・あなたのオチンチン・ひどくすばらしい・・
アッ・アッ・・あたいを捨てないで・・・こういう陰茎から・・離れられない・・・アッ・アッ」
別れを回避出来ると思った婦人は、歯の浮くようなお世辞を並べて、更にそれを確実な物にしようと思ったのだろうが、今までとは全然違うセックスに酔っていたあたいは、逆に現実に引き戻されてしまい、婦人のペースですすむのが気に入らなくなって、部下から著しく対抗した。
「アッ・アァァー・・・ヤメテ・・・あたいがするから・・・あなたは動かないで・・・」
何となく私の陰茎は、20階級前に戻ったのかというほど硬くなってきて、淫乱な婦人がそれに冷静でいられる筈も無く、腰を取り回しながらオッパイを揉み関わる。
「ダメー・・・ダメー・・・イッてしまうー・・・イク・イク・イク」
このまま婦人の下でイカ受けるのも不愉快になり、動きを止めて起きる。
「イヤ・・終わりないで・・・エントリー・・・イカせて」
今度は婦人を寝かせて前述から突く。
「イイ・イイ・・イク・イク・・・イキます・・・真美イク・・イクー・イクー」自分の事を真美って呼んだのを聞いて、仏間で見たシーンが目に浮かぶ。「待て!」ふっと出てしまった私の言い方に婦人は反動し、今にもイキみたいだったのを一段と持ちこたえた。
「イカせて・・・待て!はイヤ・・・イキたい・・・待て!はイヤー」
「駄目だ。まったく待て!です」
「イヤ・イヤ・・・・イケ!と言って・・・・待て!はイヤー・・・・・イヤー」北村のバイタリティがぐっすり押さえる。
婦人の戦慄をコントロールする事で、収益も知れぬ征服感が湧いてくる。
「待て!」「アーン・・イヤー・・・イヤー・・・待て!イヤー・・・・ウウッ・・・ウッ」あたいがなぜ待て!を知っているかなど気にもせずに、
精一杯イクのを我慢している婦人が素晴らしく見えてしまい、婦人を待たせておきながら不覚にも出してしまった。
「イケ!」
「イク・イク・・・イクー」
どうにか婦人も一先ずは達したようだが、イキくんが北村の時とは違って明らかにおとなしい。
北村の時は、あの薬を使われていたからだという私を慰めたが、本当は私の忍耐が足りなかったからだという分かっていた。
婦人はあんな私の気も知らないで、暢気に私の胸を枕として萎えた陰茎で遊んでいる。
「中に出したが安全か?」
「あれれ・・・はい・・・安全。仮に出来てしまっても夫婦です雑貨」
「奴との時は?」
「おや?・・・もちろんたえずゴムを着けて・・・・・私の中に出せるのはあなただけ」北村の為にはピルまで飲んで、散々中に出させていたくせに。
「必ずあなたが頂点ですわ。あたいは皆さんで無いとダメダメのがよく分かった。
素敵だったわ。久し振りに凄い捉えちゃった」
先に出してしまって落ち込んでいたあたいは、こういう言い方を聞いて一段とへこむ。
「これからはいい奥様になるね。皆さんを大事にするね」
あたいからは風貌が見えないのを良い事に、おそらく舌も出しているだろう。
「最後に嬉しい覚え書きが出来た。長く・・有難う」
これで今まで通りだと思っていた婦人は、起き上がると恐い風貌で睨んです。
「なぜ!こんなにも・・・・・・」
婦人の言い方は途切れたが「こんなにも」の後は「アシストしてあげたのに」といった続いたに違いない。
直ちに自分の舞台を思い起こした婦人は、漸く笑いを作ったが口元が引き攣っていらっしゃる。
「今度は口にちょうだい。あなたのが飲みたいの。皆さんをかわいがりているから」懲りもせずに口に含んできだが、私も懲りもせずに婦人の口の中に出してしまった。
但し婦人は飲み込めずに咽返ってしまい、慌ててティッシュに吐き出す。
かわいがりているから飲みたいのならば、吐き出したという事はかわいがりていないから?
あすは土曜日で休日だった結果、北村を呼び出して出先で会う。
「奥様はマイホームか?」
「よし。出産で帰っていらっしゃる」
「それなら今から、奥様のマイホームに行こう」
「それ程は、どうにか許して下さい」
「それなら、どの様に決着を附ける!」
「ようやく収入で。ただ分娩で何かとお金が要るので課長の気のすむ料金は無理ですが、5万からにはなんとか」
気がすむも何も5万は、こちらはアホです。
「マイホームに行こう」
「それほどは・・・・・・・・・仲よしに借ります。10万でかりに」
予めアホです。
普通お金が目的では乏しいのと、婦人に対しての神経の方が大きかったので、
かなり譲歩して50万にしてやったのに、月間1万円の50回支払いとしてほしいという。
「月間2万5千円の20回払い」
あたいはまた譲歩してやったつもりだが、でもこういうアホは涙ぐむ。
「それだと現金が5千円しか残りません。では昼飯も食べられないし、タバコももらえません。エントリーだ。少なくとも、月間1万5千円としてください」「結構反省しているのか?5千円もあれば、四六時中パンって乳房ぐらいは払える。
タバコはやめれば健康にも好ましい。今まで家内で散々楽しんだのだから、そのぐらいは忍耐済ませろ。
それが不愉快なら別れ決意で奥様に打ち明けて、現金を増やして買うか、弁当を作って貰え」再度婦人といった会わない事も書かせ、これを次回公明正大証書にする事で問題をつけたが、奥様にばらさない約束は書かれていないポイントに気付かない。
例え婦人に賠償の注文が来ようとも、奴が昼食も満足に食べられずに、苦しみながら払い終わった辺り、奥様宛に撮影を送って決める。
それと我事務所は僻地のちっちゃな下請けショップなので、後々奴がいつの部署に移っても目線が近づく。
残念ながらあたいが組合における以上、この男の栄転はなくなった。
「家内は、どのようにして始まった?」
「酔った課長を送って赴き、課長を奥様って寝室に運ぼうとしたら、
よろけて抱き付いて来た奥様の口紅が、カッターシャツの衿に付いてしまって・・・・・・」
染み抜きで落としている間にお風呂に入っていけって求められ、酔っていた北村が求められるとおり入っていると「背中を流してあげる」と言って裸の婦人が入って来た。
婦人は背中を洗い流し消えるといった専ら前にポイントを回し「奥様、そこは自分で」という北村を無視して、背中にオッパイを押し付けながら、手厚く両手でくるむように洗い出す。
手で興奮が確認出来るようになるとシャワーで流し、今度は立たせると前に座って握りしめ「もはや10階級もしてもらっていないから侘しいの」と言って口を近付けてきたみたい。
「丸ごとお風呂で・・・・・・すみません。
婦人は暫らくしていなかったし、いまだに少し酔っていたので」
前もって切欠は婦人だった。
それにしても、毎日のようにさせていたくせに「10階級もしてもらっていない」と言うか?
「その時は酔っていたにしても、次はどう?」
「奥様から、課長に関する引け目で耐えられみたいもないので、全品打ち明けて離婚して買うから、一緒に使命をとってほしいって呼出があったので、考え直してほしいと言ったら、静かなことで話し合おうと言われて、ラブホに連れて行かれて・・・・」
引け目など微塵も無いくせに、あの婦人の考えそうなポイントです。
これを聞いたあたいは北村も死者のように思えてきて、月々の出費を減らして決めると思った矢先、アホの真骨頂を発揮し出した。
「最初の頃は奥様に思いきり依頼を塗り付けられていましたが、
我々も紳士だからそのままでは恨めしいか。
なので一旦我々の思い通りにしてやろうといった縛ってみたら、これが何と怒りながらも甚だしく乱れてくれて。
課長、奥様は見た目Sのようですが、絶対にそれはMですよ。
だって、その後は我々の言いなりで・・・・・・・・」不倫お客様の恋人に自慢してどうする。
予め月々の出費は、このままの額にしておこうと決めた。
それにしてもわが下ながら同情無くて、拗ねる気も失せてしまう。
「家内に大笑い薬を使っていたそうじゃないか」
「それですか?それは、どこもひどく無いのに状態が優れないユーザーに、
これを飲めば直ると言ってビタミン剤なんてを明け渡すと、それで直るユーザーも結構掛かるという医師の問題を、奥様に会いに行く途中ラジオで聞いて、これだと思って、あちらが荒れないように安全な赤ん坊オイルを買って小瓶に移して、こういう媚薬を塗れば凄くナーバスになるとうわさを言って塗ってみました。
それが奥様には、結構効き目があって・・・・・・・」
さすがこちらはかなりのアホです。
そんな物で「熱い、熱い」と言って感じていた婦人も省略だが。
奴の問題に疲れ切って家に戻ると、婦人は恐れそうな風貌で待っていた。
「奴は50万しか払えないみたい。そうすると真美に450万請求する事になる」「皆さん、許して。何でもする。どのような事でもしますから、別れだけは許して」婦人は両手で顔を覆って食卓に泣き伏したが、涙は出ていないような気がする。
「あたい生まれ変わるから・・・・・皆さんを大事にするから」
「分かった。そこまで言うのなら、1年間見かけを見て決めるポイントにする。
その間一度でも真美が俺に逆らったり不快考えをさせたら、その時点で即別れです」予め用意してあった別れ届を出して自書押捺をねだる。
「こんなの書いたら、何時出されるか不安で・・・・・」
「俺が信頼出来ないか。最初からそれでは、1年間も見かけを探るなんて無理だ」
婦人は慌てて書き出したが、不安なのか本当の涙が流れた。
婦人をかわいがりているかなんて思い付かが、これで今までの恨みを少しは晴らせるとともに、こういう女房で通年は味わえる。
奴とのセックスを見なかったら、きっとあたいはそんなバイタリティにはならなかっただろう。
別れ届に押捺してから子供のように泣きじゃくる
弱い婦人を見ていると何となく下半身は硬くなる。
「出掛けよう」
「何処に?」
「もしかして、それは逆らっているのか?」
「違う!皆さんと行けるのが素晴らしいの」
おとな店から少し離れた場所に車を止めて、婦人をオーダーに行かせる。
「バイブといったローター。それとエッチなインナーも買って来い」
「如何なるのを買ったら良いか思い付かから、あなたも一緒に来て」
「何か言ったか?」
「いや、行ってくる」
婦人の買ってきた物に不快は無かったが、余りにも早かったので更に行かせるために、わざわざ難癖をつけてやった。
「バイブは黒いのに交代です。それとこういうパンティーは何です?
二度とエッチな俺が興奮する様な物に替えて買え」
「他にカスタマーが2ユーザーいて、あたいをじろじろ見るの。照れくさいからあなたも来て」
「何か言ったか?」
それらを持ってラブホに行くといった、あたいは椅子に座ってビールを呑みながら、
買って来させたばかりの罠の開いたパンティーを穿いた婦人に、ベッドに寝て自分でバイブを使うように指示を出す。
「あなたに見られながら、自分で始めるなんてやましい。エントリー、あなたがして」
「それなら恥ずかしさを忘れられるように、これを塗って決める」
あたいがポケットから出した物は、北村をアホだと思いながらも、家路のドラッグストアーで買った赤ん坊オイルを、コスメティックス店に置いてあった小瓶に移した雑貨だった。
「これがなんとなく聞こえるな?」
「それは不愉快。そのお薬だけは不愉快。エントリーだから、それは・・・・・・・・」
あたいは指にすくい取り、脚を広げさせてパンティーの罠から塗ってやると、
また椅子に戻ってビールを呑みながら見かけを見ていた。
「熱い・・・熱いの・・・触って・・・・あたいを独自にしないで・・・・・」
「忍耐出来なければ、自分でバイブを入れて慰めろ」
暫らく我慢していた婦人だったが、終に持ちこたえ切れなくなって自分でクリを触り取りかかり、近々バイブを握りしめたが、近くまでは持って行ってもそこで躊躇してしまう。
「あなたがして・・・・あなたが・・・・・」
婦人の目線を見ると、北村の時の様な縋る目線ではなくて、瞳の深層に敵意を感じる。
今まで蔑んできたあたいに命令されて、そのあたいに落ち着きな目線で見られながら己を慰めるなど、婦人にとってはこれ以上薄い屈辱なのだろう。
「薬が足りなかったかな?惜しくも中にも塗って決める」
慌てて脚を閉じた婦人を叱って何度も中にすり込むと、途端、終に婦人は落ちた。
己バイブを入れて、切替まで押してしまったのだ。
婦人は哀れにも赤ん坊オイルで感じてしまい、忌々しい私の昔で醜態を晒してしまってある。
「再びイッても良い?・・・・イキたい・・・イキたい」
北村に大笑い癖をつけられた婦人は、容認を得ないと自由にイッては駄目だと思っている。
それなら待て!をしようと思ったが、赤ん坊オイルまで北村の真似をしてしまったあたいは、これ以上あのアホの真似をするのが不愉快だった。
次いで待て!とイケ!は辞めるポイントにしたが、やめたと言っても言い方を変えただけ。
「まだまだ駄目だ。いまだにオアズケ!です。ヨシ!という前にイッたら別れです」
普通私も、北村や婦人に負けないくらいのアホだった。
「オアズケはイヤー・・・別れはイヤー・・・もうイカせてー」
「オアズケ!」
「オアズケ!イヤー・・・別れイヤー・・・・ヨシ!と言ってー」
「バイブを尚更短く動かして、ずっと奥まで入れないか。再び少なく」
「これからダメー・・・・・ヨシ!と言ってー・・・・別れはイヤー・・・・・」
「どうしようかなー・・・・・・・・オアズケ!」
「オアズケ!イヤー・・・早く・・・・早くヨシ!と言ってー・・・・もはや・・もう・・・
イヤー・・・別れ患うよー」
「オアズケ!」
その日からあたいは、毎晩のように婦人を弄んです。
それは昼の暮しも同じで、婦人はすべてあたいに逆らわなかったが、虎視眈々って舞台の立て直しにかけているように思えた。
但し2ヶ月が過ぎた辺り、明らかに婦人の仕方が当初は変わっているポイントに気付く。
婦人の瞳からは殺気が消え、何も言わなくても甲斐甲斐しく私の支援をするようになり、婦人もこういう主従つながりに慣れたように感じる。
いいえ、慣れたと言うよりも、こういうつながりを愛するようにさえ映る。
「今日もお仕事ご苦労くんでした。お食事は?」
「おや、済ませてきた。今夜は横の家で眠るから布団を敷いて来い」
「敷いてあります」
「やけに気が利くな」
「だって・・・・・・・金曜の夜だ雑貨・・・・・・・」
「そうか。今日は紐の付いたパンティーにする」
「そんなにだろうと思って・・・・・・・既に・・・・・・・」
婦人が恥ずかしそうにスカートを決めるって、紐を両サイドで結んですちっちゃなパンティーを穿いていた。
「なるほど?歩きを開いて腰を突き出してみろ」
婦人のそこには、とっくに汚れが広がっている。
「更に濡らしてしまっているのか?」
「だって・・・・あの部屋にお布団を敷いて、縄やお機具を準備していたら・・・・」
通年は婦人で遊ぼうと思っていたが、こういうステップならライフスタイル遊べそうです。
翌朝、結婚式以来ずーっと意欲だった、今では言い慣れた言い方をいう。
「おーい!お茶!」 「はーい」

旦那に虐められていた人妻が最高の命運だった

高層ビルの片隅における料亭で料理ヤツやってた時分、横の横に整体マッサージがあって、そっちの女子といったやっちゃいました。
女子は普通寡黙で、お辞儀しても対応笑いすらとめるヤツだったんですけど、
とある手掛かりから話すようになった。
手掛かりは、夜の段取りの為の材料を買い出しにアルティメット行くと女子がいて、お辞儀したらその日はとても対応かわいく応えてくれた。
で、あそこから多々話しかけてきて、この人なかなか明かし歓迎ですなーと思った。
話しながら配達して、帰りも引き続き話してた。
それから会う度に話すようになって、恋人の内緒とか何かと話すようになってた。恋人曰く俺が聞き上手で話しやすいらしき。
最初は恐ろしいヤツかと思ったけど、話すといった皆目そんなことなくて手厚いと言ってくれた。
実に、自分にデメリットがあったらしき。
で、それから2クラスぐらいはそのままのつながりだったんだけど。
ある日、生業も終わり帰ろうといったしてるといった、クルマ止めて掛かる前の道筋に女子がいた。とことん見たら泣いていた。
心配になったので聞いてみると、主人が小言とか、娘に関するタイプあたりが酷くて耐えられないって言ってた。
俺は為す術もなくただ黙って聞いていた。
そうして、さっさと俺の胸に飛び込んで大泣きしだした。
俺は見られたら危ういとして
「どっか行きましょうか?」って言ったら、女子が頷いた。
通常、車で20当たりほど走ってカフェをめぐって
めししながら何だかんだ不満を聞かされた。
母親って全体話すってスッキリするのか、言い出し終わったらケロッとしてた。
俺は、特にいいかって思って、「これから戻りましょうか」って言ったら、
「少し運転目指す」って女子が言ったので
「いいですよ」って言って、国道を適当に走り回ることにした。
車運転して少しすると女子が、
「○○様って横顔まぶしいわね」って言われて。
俺は照れて、「そうですか?」って答えたら、「必要可愛らしい」って言われて俺は舞い上がった。
「本当は俺も女子の行為歓迎だったんですよ」
って言ったら、「えーー」って照れ笑いしてた。
女子が勢いで「○○様としたーい」って言ったので俺はキターと思った。
「よしー!」って言って、旅館を見つけ出し、数分後に少々寂れた旅館を見つけた。
「ここでいいっですか?」って聞いたら、女子は頷いた。
で、旅館入って、俺が先にシャワーを浴びた。
シャワー終わって女子に「何とぞー」って言ったら女子はにかんで
「ええ」っていってバス部屋に行った。
俺は心で、どんな風に攻めようかとそればかり考えてた。
女子がシャワー終わって、出てきたらバスクロスで体躯を覆ってた。
俺が「こちらおいでよ」って言ったら女子が素直に応じて、俺の隣に座った。
やっぱ色々辛い目にあってるからやさしくするのが最高峰として、俺は随分という丁寧に女子を扱った。
キスも手厚く、ネットリと長くかけてした。そしたら首筋から母乳にわたって舌を這わせた。
乳首を丁寧にゆっくりとネットリと舐め転がし、指は秘部をゆっくりと擦ってた。
もっとおっぱいは良いだろうと思って、今度はおまんこを舐めることにした。
石けんのにおいといった、おまんこういうにおいが混ざって何ともいえない感覚である。
ここでもひたすらやさしく丁寧におまんこを舐める。
もちろん人妻は秀逸。そこらへんの20費用の母親は一味違う。
父親に対して極めて優しいのである。とりわけ年下にきめ細かい。
俺も忍耐の盛りだくさんだった。生で挿入した。
中出しとめる誇りもあった。
挿入したら思ったよりしまりが良かったのでビビッタ。
こりゃ最初から腰を酷く振るといった早速逝くと思ったので
ゆっくりと腰を切り回し、取り回してるまっ最中抱えんこに集中しないよう努めた。
余談だが、当時俺は妻がいたわけだが、こういう女子とのセックス以降、
俺は妻とのセックスが苦痛で行為なかった。
通常妻は直後数回やっただけで離れた。いまいち女子との性格は良かったのである。
しかも当時の妻は大して綺麗でなく、女子は年齢は相当いってるがエレガントでパターンも良かったので、父親だったら大多数のヤツは女子を選ぶだろうって感じです。
課題は返る。    
逝かないように逝かないように腰を取り回し、どうにか遊戯し続けた。
裏側でやってたら、あまりの気持ちよさに逝きそうになったので、ちんこ引っこ抜いて絨毯の上に精子をぶちまけた。
女子もハアハア言いながら面構えは会心みたいだった。
何とか女子といったやって以降、頻繁には出来なかったが月に3,4回は密会してた。
女子の体躯は娘2ヤツ産んだとは思えないほどカワイイだった。当時40傍だった。
腰が引き締まって、お尻が適度に大きくて、色白で早道のエレガントで申し分なかった。
俺の生活の頂点はその当時だったのではないか、と思えるほど毎日が充実してた。
女子は主人は応えで要求が溜まってたんだろうし、しかも暴力男性だし、優しさに飢えていたという。
そこにきっかり俺がいたからそんなつながりになったんだろう。
運が良かった。
俺は女子の想いに応じるべく、誠に愛し大切に扱った。
女子の申し出にみんな応え、尽くし続けた。それが俺の魅力だった。
俺はサロンから3間隔ほど離れた賃貸アパートに住んでいて、密会するには安全な地点だったという。
恋人の主人は車持ってなかったし、女子は主人に多々口実作って外出してた。
俺が休日に女子がバスに乗って俺のアパートに来ていただける。
普通女子が来るときは午前10折時分で、来たらとにかく朝めし作ってくれた。
美味しくて、「おいしい旨い」って言うと、抱きついて喜んでた。余分にキスしてやった。
ごはん食い終わって、女子に「こちらおいでよ」って言うと、女子が俺に寝そべって来る。
そうして、丸ごとキスして、胸を揉んで、やさしく愛撫してあげるといったそれぞれ気持ちは絶頂にのぼる。
ベッドまで女子を抱えて運ぶ。女子の衣類を丁寧に脱がし、俺も直ちに衣類を脱ぐ。
色白でとっても綺麗な体躯を通していた。
全身全体舐めるといった自前になったような気がした。
色々な身構えで攻めた。
きつくするのは性に合ってなくて、やさしくやさしくするのが信念です。
そのやり方がはからずも女子という性格が良かったんだろう。
終わった後もどんどん抱きしめて、キスしたり、何やかや囁くって女子は会心思いだった。
俺が休日しか出来なかったので、やるときは力一杯時間を費やして思う存分やった。

アイマスクでセックスしてたら長男の同級生の親父だった

47才妻だ
今週の事ですが赤ん坊のハイスクールの完了クラスも終わって
わずか気抜けしちゃってた感もありましたが
前のスポット先の橋渡しAさん(32才既婚、一先ず彼?)が
お祝にって食生活に誘われその流れで飲みに行きましたが
行ったところがふとエッチなおサロンで聞いてた裏道
ハロィンみたいなアイマスクした自身とか居て、、
BOXで互い観覧?とか講じるお店でした

私もAさんが喜ぶならっと言いながらも
エッチな案件にはまだまだ、、すごく?フェチだったり行なうので
Aさんのいうなりにしていましたが
Aさんの知り合い?って感じの両人のオヤジオヤジが一緒に座って来て!
チラ見せから始まって・・
両人の触らせられたり、

銜えたりもして、、
そうして
報復に舐めてあげる!って、、、
なので
Aさんに几帳されて・・・
結局、
舐めるだけで取りやめる意図も無くってふたりに、、、
そうして
ふたりが終わってから几帳を外したら
ふたりもマスクを外してて!
誠にそのふたり!
赤ん坊の同級生の父さん!!!
もうパニック!一旦驚いてたら
Aさんというひとりがホビー支えらしくって
ひょんな事から私の明かしになったらしく
Aさんといったふたりは最初っから知ってたらしくって、、、
もはやホント恥ずかしかったよ、、、

近親相姦、赤ん坊にねだられるままに毎日のように

小児にされるままになっています。
感じてしまって、サウンドを上げてしまい、小児が慌てて口を塞ぎに来て、小児のトップスをくわえできることもしょっちゅうあります。
終わってから、「すまん、ですから父親のいる時期するのは、やめて、サウンド聞こえちゃうし。」そう言うと、「それでも我慢できない、毎晩も目指す。
そんな遣り取りの繰り返しだ。
男子がお風呂に入って要る中の短い時間に、キッチンでスカートをめくりあげ後ろから挿入してきて、慌ただしくされたこともあります。
15パイや、20パイなんて短い時間で取り止める目論見がなくて、只身が真夜中に小児のルームに忍んで行って満足させてやるしかないのですが。
男子が帰って来るまでの夕暮れ5時期ほどから夜の9時期ほどまでが小児という私のタイミングだ。
最初にしたがったのは小児において、「修練が戦略につかない、好きだから、マミーじゃないとダメダメんだ、」泣き洗い流しみたいにお願いされて、うなずいてしまい、戦略って口でして挙げる公約を通じてしまったんです。
近年思えば、そういったですむ目論見がなかったんです。